「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



マーシャル・マクルーハン

Marshall McLuhan

1911年、カナダのアルバータ州エドモントンに生れる。マニトバ大学で機械工学と文学を学んだ後、英国ケンブリッジ大学のトリニティー・カレッジに留学。F・R・リーヴィス、I・A・リチャーズを識る。帰米後1937年、カトリックに改宗、1942年、エリザベス朝の詩人トーマス・ナッシュについての論文で博士号を取得。アメリカのウィスコンシン大学やセントルイス大学をはじめ諸大学で教鞭をとり、1946年にカナダのトロント大学教授となる。「スワニー・レビュー」や「ケニヨン・レビュー」などの諸雑誌に、数多くの文学研究論文を発表。1951年に最初のメディア論『機械の花嫁』を刊行し、この分野での独創的な研究に手を染める。1962年、西欧文化における活版印刷の影響を扱った大著『グーテンベルクの銀河系』を、ついで1964年に『メディア論』を刊行し、現代文明論・メディア論の先駆者となる。1980年トロントの自宅で死去。


 

マーシャル・マクルーハン の書籍一覧