「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



カール・ヤスパース

Karl Jaspers

1883年2月23日、ドイツのオルデンブルクに生まれる。ギムナジウム卒業後、3学期間法学の勉強をしたが、自然科学に転向し、ベルリン、ゲッチンゲン、ハイデルベルクなどで医学を修める。1908-15年、ニッスル教授の主宰するハイデルベルク大学精神科に勤務、1913年に心理学の大学教授資格を得る。精神病理学から哲学に転じ、1921年に同大学の哲学主任教授となる。ヒットラー政権下の1937年に教職を追われたが、1945年に復職。1948-61年、スイスのバーゼル大学哲学教授。1969年2月26日、バーゼルで死去。主著は『精神病理学原論』(1913、西丸四方訳、みすず書房1971)のほか『世界観の心理学』(1919)『哲学』(全3巻、1932)『現代の精神状況』(1932)『ストリンドベルクとファン・ゴッホ』(1926、村上仁訳、みすず書房1959)、『ヤスパース選集』(邦訳、理想社1955-)『精神病理学研究』(1963、藤森英之訳、全2巻、みすず書房1969、71)など。


 

カール・ヤスパース の書籍一覧