「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



クロード・レヴィ=ストロース

Claude Levi-Strauss

1908年11月28日ベルギーに生まれる。パリ大学卒業。1931年、哲学教授資格を得る。1935-38年、新設のサン・パウロ大学社会学教授として赴任、人類学の研究を始める。1941年からニューヨークのニュー・スクール・フォー・ソーシャル・リサーチで文化人類学の研究に従事。1959年コレージュ・ド・フランスの正教授となり、社会人類学の講座を創設。1982年退官。アカデミー・フランセーズ会員。2009年10月30日、100歳で逝去。著書『親族の基本構造』(番町書房 1977-78、青弓社 2000)『人種と歴史』(みすず書房 1970)『悲しき熱帯』(中央公論社 1977)『構造人類学』(みすず書房 1972)『今日のトーテミスム』(みすず書房 1970)『野生の思考』(みすず書房 1976)『神話論理』四部作(『生のものと火を通したもの』『蜜から灰へ』『食卓作法の起源』『裸の人』邦訳全5冊、みすず書房 2006-10)『仮面の道』(新潮社 1977)『神話と意味』(みすず書房 1996)『構造・神話・労働』(みすず書房 1979)『はるかなる視線』(みすず書房 1986・88)『パロール・ドネ』(講談社 2009)『やきもち焼きの土器つくり』(みすず書房 1990)『遠近の回想』(共著、みすず書房 1991、増補新版2008)『レヴィ=ストロース講義――現代世界と人類学』(サイマル出版会 1988を改題、平凡社ライブラリー 2005)『みる きく よむ』(みすず書房 2005)『ブラジルへの郷愁』(みすず書房 1995、中央公論新社 2010)『サンパウロへのサウダージ』(みすず書房 2008)『月の裏側』(中央公論新社 2014)他。2008年にプレイヤード叢書(ガリマール社、フランス)全1冊の著作集Oeuvres刊。


 

クロード・レヴィ=ストロース の書籍一覧