「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



エマニュエル・レヴィナス

Emmanuel Levinas

1906年リトアニア生まれ。リトアニアとロシアで中等教育を受けたのち、1930年までフランスのストラスブール大学で哲学を学ぶ。1928-29年、ドイツのフライブルクに滞在、フッサールとハイデガーの下で現象学を研究する。その後フランスに帰化。戦後は東方イスラエル師範学校長、ポワチエ、パリ・ナンテール、ソルボンヌ各大学の哲学教授をつとめる。1995年歿。著書は『フッサール現象学における直観の理論』(1930)『実存から実存者へ』(1947)『全体性と無限』(1961)『困難な自由』(1963)『タルムード四講話』(1963)『他者のユマニスム』(1972)『固有名』(1976)『存在するとは別の仕方で あるいは存在することの彼方へ』(1978)『倫理と無限』(1982)『死と時間』(1993)等がある。


 

エマニュエル・レヴィナス の書籍一覧

  • 外の主体
    外の主体
    [著者] エマニュエル・レヴィナス   [訳者] 合田正人  
    〈本書で言及されたマルチン・ブーバー、ガブリエル・マルセル――そして全面的にとは言わないまでも多くの点でフランツ・ローゼンツヴァイク――は、客体化する主体の外なる知解可能性を強調し ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/272頁
    • 定価 3,780円(本体3,500円)
    • ISBN 4-622-03077-2 C1010
    • 1997年2月20日発行
  • 固有名
    固有名
    [著者] エマニュエル・レヴィナス   [訳者] 合田正人  
    〈人物の名を語ること、それは顔を表現することである。ありとあらゆる名詞や常套句の只中にあって、固有名は意味の解体に抵抗し、私たちの発語を支えてくれるのではないだろうか。固有名は、難 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/224頁
    • 定価 2,916円(本体2,700円)
    • ISBN 4-622-03072-1 C1010
    • 1994年2月18日発行