「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



岡本太郎

おかもと・たろう

1911年生まれ。1929年、東京美術学校に入学。父母の渡欧に同行し、1930年からパリに滞在。1932-37年アプストラクシオン・クレアシオン協会会員。1938年、第1回国際シュルレアリスト・パリ展に『傷ましき腕』招待出品。パリ大学にて哲学・社会学・民族学を学び、1939年卒業、バタイユのコレージュ・ド・ソシオロジーに参加。1940年、帰国。1942年、兵役につく。1946年、復員し創作活動を再開。1952年「縄文土器論」。1953年パリ、ニューヨーク、ワシントンで個展。サンパウロ・ビエンナーレに出品。1959年、国際建築絵画大賞(旧都庁舎壁画)。1961年『忘れられた日本/沖縄文化論』毎日出版文化賞。1970年、大阪万博・太陽の塔。1975年「岡本太郎――マルセル・モースの肖像」イタリア・アゾロ映画祭大賞。1982年「芸術は爆発だ!」。1996年歿。遺作「河神」。


 

岡本太郎 の書籍一覧

  • 疾走する自画像
    疾走する自画像
    [著者] 岡本太郎  
    パリでの10年、中国戦線で現役初年兵から始まる兵役4年、収容所での1年。この15年を経て、昭和21(1946)年6月、岡本太郎は復員してきた。 「敗戦後の日本に帰ってきた。栄養失調直前のやせ衰 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/240頁
    • 定価 2,700円(本体2,500円)
    • ISBN 4-622-04266-5 C1070
    • 2001年5月2日発行
  • リリカルな自画像
    リリカルな自画像
    [著者] 岡本太郎  
    つねに社会に対し挑戦をつづけ、「ノン」を突きつけるのが自分の役割だと言わんばかりに、戦後の日本を駆け抜けた岡本太郎。 漫画家・岡本一平を父に、歌人=小説家・岡本かの子を母に、芸術家 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/200頁
    • 定価 2,700円(本体2,500円)
    • ISBN 4-622-04263-0 C1070
    • 2001年4月5日発行
  • 宇宙を翔ぶ眼
    岡本太郎の本 5
    宇宙を翔ぶ眼
    [著者] 岡本太郎  
    〈世界の美のあらゆる層に、何とさまざまの顔があり、また眼があるのだろう。それは宇宙と一体の交流の穴〉。岡本太郎の最後の著作『美の世界旅行』を『宇宙を翔ぶ眼』に改題して巻頭に置く。イ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/328頁
    • 定価 3,564円(本体3,300円)
    • ISBN 4-622-04260-6 C1370
    • 2000年2月25日発行
  • わが世界美術史
    岡本太郎の本 4
    わが世界美術史美の呪力
    [著者] 岡本太郎  
    単行本『美の呪力』を、オリジナルタイトル『わが世界美術史』として巻頭に置く。 『日本の伝統』『沖縄文化論』『神秘日本』等々において日本の美を独自の視点から見つめ直した岡本太郎は、本 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/296頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-04259-2 C1370
    • 1999年6月10日発行
  • 神秘日本
    岡本太郎の本 3
    神秘日本
    [著者] 岡本太郎  
    〈はじめ、私は「日本人」であるよりも「世界人」であればよいのではないかと考えた。青春の十年以上もパリで住み、世界のあらゆる文化圏に通ずる場所で、世界人になろうと努力し、実践した。と ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/304頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-04258-4 C1370
    • 1999年4月9日発行
  • 日本の伝統
    岡本太郎の本 2
    日本の伝統
    [著者] 岡本太郎  
    〈今まで「伝統」は、もっぱら封建モラル、閉鎖的な職人ギルド制の中で、むしろ因襲的に捉えられてきました。今日でもほとんど、アカデミックな権威の側の、地位をまもる自己防衛の道具になって ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/248頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-04257-6 C1370
    • 1999年2月23日発行
  • 呪術誕生
    岡本太郎の本 1
    呪術誕生
    [著者] 岡本太郎  
    大阪万博・太陽の塔に代表される作品群、あるいは「芸術は爆発だ」「グラスの底に顔があってもいいじゃないか」等CMでTVに登場してマスコミを賑わせた岡本太郎とはどういう人物だったのだろう。 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/280頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-04256-8 C1370
    • 1998年12月10日発行