「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



丸山眞男

まるやま・まさお

1914年大阪に生まれる。1937年東京大学法学部卒業。1940年助教授、1950年教授。1961-62年ハーバード大学特別客員教授。1962-63年オックスフォード・セント・アントニーズ・カレッジ客員教授。1971年退官。1975-76年プリンストン高等学術研究所員。1996年8月15日歿。主要著作『政治の世界』(1952)『日本政治思想史研究』(1952)共編『政治学事典』(1954)『日本の思想』(1961)『増補版 現代政治の思想と行動』(1964)『戦中と戦後の間』(1976)『「文明論之概略」を読む』(1986)『忠誠と反逆』(1992)『丸山眞男集』全16巻・別巻1(1995-97)『丸山眞男座談』全9巻(1998)『自己内対話』(1998)『丸山眞男講義録』全7巻(1998-2000)『丸山眞男書簡集』全5巻(2003-04)『丸山眞男回顧談』全2巻(2006)『丸山眞男話文集』全4巻(2008-09)『丸山眞男話文集 続』全3巻(2014-)。


 

丸山眞男 の書籍一覧

  • 丸山眞男話文集 続 4
    丸山眞男話文集 続 4
    [著者] 丸山眞男   [編] 丸山眞男手帖の会  
    〈突然お便りを差上げるのは、岩波から贈ってもらった『図書』で貴兄が「新書」で出た私の本の書評をしてくれたのを知って、懐かしくなり一筆御礼をのべたかったからです。……まず、「このよう ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/472頁
    • 定価 6,264円(本体5,800円)
    • ISBN 978-4-622-07906-4 C1331
    • 2015年5月22日発行
  • 丸山眞男話文集 続 3
    丸山眞男話文集 続 3
    [著者] 丸山眞男   [編] 丸山眞男手帖の会  
    〈そこでこのシンボルを特定の意味に限定して行く方向がとられる。これは現在、アメリカで進行している過程ですけれども、日本でも今後ますます行われるでしょう。それは「民主主義的自由」とい ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/376頁
    • 定価 5,400円(本体5,000円)
    • ISBN 978-4-622-07828-9 C1331
    • 2014年11月21日発行
  • 丸山眞男話文集 続 2
    丸山眞男話文集 続 2
    [著者] 丸山眞男   [編] 丸山眞男手帖の会  
    〈自己欺瞞というか、あるいは自分の言葉に酔っている人は、そういう悩みを感じない。さっき言った自由も、平等も、民主主義もそうです。そういうものが自分の実感になりにくいほうが普通であっ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/440頁
    • 定価 5,832円(本体5,400円)
    • ISBN 978-4-622-07827-2 C1331
    • 2014年7月18日発行
  • 丸山眞男話文集 続 1
    丸山眞男話文集 続 1
    [著者] 丸山眞男   [編] 丸山眞男手帖の会  
    〈それで整列して天皇の放送を聞いて。ラジオがガーガーいって何のことか分からないんだけれど、聞こえたのは――僕は後ろの方にいたんだけれど――ポツダム宣言を受諾し、というところだけだっ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/448頁
    • 定価 5,832円(本体5,400円)
    • ISBN 978-4-622-07826-5 C1331
    • 2014年3月22日発行
  • 丸山眞男話文集 4
    丸山眞男話文集 4
    [著者] 丸山眞男   [編] 丸山眞男手帖の会  
    〈常任理事国が拒否権を発動すると何もできないんです、国連は。ですから、僕は本当は国連が主権国家の代表だけじゃなくて人民も代表にしたほうがいいと思うんですね。アメリカ憲法のようにした ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/488頁
    • 定価 5,184円(本体4,800円)
    • ISBN 978-4-622-07384-0 C1331
    • 2009年3月19日発行
  • 丸山眞男話文集 3
    丸山眞男話文集 3
    [著者] 丸山眞男   [編] 丸山眞男手帖の会  
    〈フルトヴェングラーの演奏からいつも私どもは、何かあやしい官能性を感じます。……それは奥深いところでは、ドイツ精神に流れている一種のデカダンス――崩壊感覚――にさえ通じているものが ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/472頁
    • 定価 5,184円(本体4,800円)
    • ISBN 978-4-622-07383-3 C1331
    • 2008年11月20日発行
  • 丸山眞男話文集 2
    丸山眞男話文集 2
    [著者] 丸山眞男   [編] 丸山眞男手帖の会  
    〈執拗低音は主旋律ではないんです。これを主旋律にしようというのは無理なんです。無理にしようとしたのが、神道から、あるいは国学から戦時中の日本主義に至るまでの悲劇なんです。執拗低音が ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/472頁
    • 定価 4,968円(本体4,600円)
    • ISBN 978-4-622-07382-6 C1331
    • 2008年8月8日発行
  • 丸山眞男話文集 1
    丸山眞男話文集 1
    [著者] 丸山眞男   [編] 丸山眞男手帖の会  
    〈ナショナリズムの問題でいうと、進歩派の方は、今ある基地を撤廃し、安保条約の改正で現在アメリカの政策下にある日本を独立させる、そういうシンボルがある。そういう撤廃という、いわば消極 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/512頁
    • 定価 4,968円(本体4,600円)
    • ISBN 978-4-622-07381-9 C1331
    • 2008年5月16日発行
  • 藤田省三対話集成 3
    藤田省三対話集成 3
    [著者] 藤田省三   [解説] 宮村治雄  
    「ぼくらはやっぱり国家と状況と両方をこえていくという視点が根本的に必要で、それは人間が問題なんだという、人間の核心や人間の経験、いろんな繊細な局面をもつ人間の経験の多面性の襞のなか ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/376頁
    • 定価 4,536円(本体4,200円)
    • ISBN 978-4-622-07207-2 C1331
    • 2007年5月18日発行
  • 藤田省三対話集成 1
    藤田省三対話集成 1
    [著者] 藤田省三   [解説] 飯田泰三  
    「藤田 精神的潮流の面でいえば、安保闘争を構成していったものは、ヤミ市的状況の精神ではないか。日本の戦後の原人性ね。ほとんどすべての人がヤミ市的暮らしを経ることによって生きてきた。 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/376頁
    • 定価 4,104円(本体3,800円)
    • ISBN 4-622-07205-X C1331
    • 2006年7月24日発行
  • 丸山眞男書簡集 5
    丸山眞男書簡集 51992-1996・補遺
    [著者] 丸山眞男  
    〈こういう個人的な問題をここでくだくだ申し上げたのは、こういう状況の下にある私にも、小田さんのために、また阪神の罹災者のために、何かできることがないだろうか、という思いからです。も ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/456頁
    • 定価 4,104円(本体3,800円)
    • ISBN 4-622-08105-9 C1331
    • 2004年9月1日発行
  • 丸山眞男書簡集 4
    丸山眞男書簡集 41987-1991
    [著者] 丸山眞男  
    「〈自粛〉ムードの全体主義にはあ然とするほかありませんが、若い世代の無関心派に身近な問題としてつきつけた、という逆説的な効果があったのではないか、と思います」(家永三郎宛1988年10月 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/384頁
    • 定価 3,780円(本体3,500円)
    • ISBN 4-622-08104-0 C1331
    • 2004年6月10日発行
  • 丸山眞男書簡集 3
    丸山眞男書簡集 31980-1986
    [著者] 丸山眞男  
    〈シャモーニさんのLessing日本訳についての「論争」大へん面白く読みました。私には、Lessingを論ずる資格はまったくありませんが、翻訳のなかにふくまれる「文化接触」のケースとして、きわめ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/328頁
    • 定価 3,780円(本体3,500円)
    • ISBN 4-622-08103-2 C1331
    • 2004年3月23日発行
  • 丸山眞男書簡集 2
    丸山眞男書簡集 21974-1979
    [著者] 丸山眞男  
    〈こちらではいわゆる日本学専攻の学者とのつき合いはなるべく避けていますが、自民党といわゆる「極左」とを峻別し、何でお前達はもっと政府与党に影響力を行使しないのか、などと僕などを「批 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/328頁
    • 定価 3,780円(本体3,500円)
    • ISBN 4-622-08102-4 C1331
    • 2004年1月23日発行
  • 丸山眞男書簡集 1
    丸山眞男書簡集 11940-1973
    [著者] 丸山眞男  
    〈福沢のいわゆる「何ぞ事物を信ずるの軽々にして、亦之を疑ふの早急なる」という評論家の体質は一向にかわりませんね。それに、あるトピックについて熱風のように一つの方向性をもった(反動的 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/336頁
    • 定価 3,456円(本体3,200円)
    • ISBN 4-622-08101-6 C1331
    • 2003年11月20日発行
  • 自己内対話
    自己内対話3冊のノートから
    [著者] 丸山眞男  
    〈国際交流よりも国内交流を、国内交流よりも、人格内交流を! 自己自身のなかで対話をもたぬ者がどうしてコミュニケーションによる進歩を信じられるのか〉 〈俺はコーヒーがすきだという主張と ...
    • 四六変型判 タテ188mm×ヨコ131mm/312頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-03659-2 C1095
    • 1998年2月24日発行
  • 丸山眞男の世界
    丸山眞男の世界
    [編] 「みすず」編集部  
    「丸山は日本における倫理的な個人主義と実質的な民主主義の萌芽に目をかけることを決してやめなかった」(ベラー)「丸山の思想はアジア全体の研究者一般に共通する新鮮さと妥当性を内包してい ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/168頁
    • 定価 1,944円(本体1,800円)
    • ISBN 4-622-03658-4 C1030
    • 1997年3月5日発行
  • 戦中と戦後の間
    戦中と戦後の間1936-1957
    [著者] 丸山眞男  
    本書はいわゆる“15年戦争”の真只中において思想的学問的発足をした著者の、緑会懸賞入選論文(1936)にはじまる戦中の25篇、戦争の“暗い谷間”を脱した8.15を刻印する「近代的思惟」の小論よ ...
    • 四六変型判 タテ188mm×ヨコ131mm/648頁
    • 定価 6,264円(本体5,800円)
    • ISBN 4-622-00391-0 C1010
    • 1976年11月30日発行