「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



空井健三

そらい・けんぞう

1931年北海道に生れる。1954年東京大学文学部卒業。臨床心理学・犯罪心理学専攻、医学博士。千葉少年鑑別所、法務省矯正局、法務総合研究所、八王子医療刑務所を経て中京大学文学部教授。1964-65年科学技術庁長期在外研究員としてニューヨークの精神分析者養成所であるポストグラジュエイト・センター・フォア・メンタルヘルスに留学。2007年歿。著書『小児の臨床心理検査法』(医学書院、1973)編著『臨床心理学』(有斐閣、1979)。訳書 シヤハテル『ロールシャッハ・テストの体験的基礎』(共訳、みすず書房、1975)プライ・A編『心理療法とは何か』(共訳、新曜社、1984)。


 

空井健三 の書籍一覧