「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



初見基

はつみ・もとい

1957年埼玉県生まれ。東京都立大学大学院博士課程満期退学。ドイツ文学専攻。東京農工大学、東京都立大学を経て日本大学文理学部ドイツ文学科教員。著書に『ルカーチ』(講談社、1998)、訳書にシヴェルブシュ『知識人の黄昏』(1990、法政大学出版局)、ハイン『僕はあるときスターリンを見た』(共訳、1991、みすず書房)、ケストナー『大きなケストナーの本』(共訳、1995、マガジン・ハウス)、シュミット『ハムレットもしくはヘカベ』(1998、みすず書房)『アーレント=ブリュッヒャー往復書簡』(共訳、2014、みすず書房)ほか。


 

初見基 の書籍一覧