「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



松井巻之助

まつい・まきのすけ

1913年、長野県に生まれる。1939年、東京文理科大学理学部物理学科卒業。1952-84年、みすず書房編集部に勤める。1984年没。編者に『回想の朝永振一郎』(みすず書房1980)、訳書にQ・ホッグ『科学と政治』(岩波書店1964)、R・ユンク『巨大機械』(早川書房1970)、R・クラーク『現代戦争論』(草思社1972)、J・ザイマン『社会における科学』(草思社1981)、F・R・ジェヴォンズ『科学の意味』(産業図書1983)、C・P・スノー『二つの文化と科学革命』(みすず書房1984、《始まりの本》2011)など。


 

松井巻之助 の書籍一覧