「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



新倉俊一

にいくら・としかず

1930年生まれ。慶應義塾大学卒。フルブライト留学生としてミネソタ大学大学院に留学。明治学院大学名誉教授。著訳書『西脇順三郎全詩引喩集成』(筑摩書房)、『西脇順三郎 変容の伝統』(東峰書房)、『エズラ・パウンド詩集』(角川書店)、『エズラ・パウンド詩集』(小沢書店)、『アメリカ詩の世界』(大修館書店)、『エミリー・ディキンソン 不在の肖像』(大修館書店)、『詩人たちの世紀 西脇順三郎とエズラ・パウンド』(みすず書房)、エズラ・パウンド『ピサ詩篇』(みすず書房)、『評伝 西脇順三郎』(慶應義塾大学出版会)、『西脇順三郎 絵画的旅』(慶應義塾大学出版会)、『ノンセンスの磁場』(れんが書房新社)、エドワード・リア『ノンセンスの贈物』(思潮社)、エドワード・リア『ノンセンス・ソング』(思潮社)、『リアさんて、どんなひと? ノンセンスの贈物』(みすず書房)ほか。


 

新倉俊一 の書籍一覧

  • リアさんて、どんなひと?
    リアさんて、どんなひと?ノンセンスの贈物
    [著者] エドワード・リア   [編訳] 新倉俊一  
    「いくども読み返したいと思う作家はそうざらにあるものではないが、エドワード・リアはまさにその数少ないひとりである。ノンセンスとは……すべての想像力の産物と同じように、環境の抑圧にた ...
    • 四六変型判 タテ188mm×ヨコ118mm/272頁
    • 定価 3,456円(本体3,200円)
    • ISBN 978-4-622-07719-0 C0098
    • 2012年8月20日発行
  • ピサ詩篇
    ピサ詩篇
    [著者] エズラ・パウンド   [訳者] 新倉俊一  
    『荒地』の刊行によって現代詩に一つのエポックをつくったエリオットは、その詩集において、「より巧みなる詩人に」という「献辞」をパウンドに捧げている。しかし、パウンドが世に出したエリオ ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/264頁
    • 定価 5,616円(本体5,200円)
    • ISBN 4-622-07099-5 C1098
    • 2004年7月15日発行
  • 詩人たちの世紀
    大人の本棚
    詩人たちの世紀西脇順三郎とエズラ・パウンド
    [著者] 新倉俊一  
    「20世紀はパウンドの世紀である」と、アメリカの文学評論家ヒュー・ケナーはかつて喝破した。エリオットもジョイスもパウンドの強力な推輓によって世に出たことを思えば、これは十分に首肯でき ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/312頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-04840-X C1392
    • 2003年5月22日発行