「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



西村六郎

にしむら・ろくろう

1931年東京に生まれる。1955年東京大学教養学科フランス科卒業。1957年同大学法学部卒業。日本航空株式会社に勤務。著書に『ケンジの日記――ある柴犬との16年間の共生』(文藝春秋、1997)、訳書にガロワ『ショーソン』(音楽之友社、1974)、マレ/シミ『民間航空』(1982)、カルトゥ『航空法概論』(1988)、スボロノス『近代ギリシア史』(1988、以上、白水社)、ド・スメ『ラフカディオ・ハーン――その人と作品』(恒文社、1990)、ブロール『オランダ史』(白水社、1994)、ウッドハウス『近代ギリシァ史』(みすず書房、1997)がある。


 

西村六郎 の書籍一覧

  • 若き日のラフカディオ・ハーン
    若き日のラフカディオ・ハーン
    [著者] O・W・フロスト   [訳者] 西村六郎  
    「耳なし芳一」「むじな」――日本人なら誰もが知っている『怪談』の作者、小泉八雲ラフカディオ・ハーン。その彼が終焉の地・日本に残した足跡は容易にたどりうるものだが、前半生はこれまであ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/320頁
    • 定価 3,850円(本体3,500円)
    • ISBN 4-622-07057-X C1098
    • 2003年9月25日発行
  • 近代ギリシァ史
    近代ギリシァ史
    [著者] クリストファー・モンタギュー・ウッドハウス   [訳者] 西村六郎  
    〈ギリシァ〉といえば、まず輝かしい古典文明が想起される。その後の時代、つまりマケドニア人、続いてローマ人に征服され、そしてトルコ人の支配するところとなってからのギリシァは、ほとんど ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/544頁
    • 定価 7,150円(本体6,500円)
    • ISBN 4-622-03374-7 C1022
    • 1997年8月19日発行