「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



千葉文夫

ちば・ふみお

1949年生れ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程中退。パリ第1大学哲学博士。現在、早稲田大学文学学術院教授。フランス文学、美学。著書『ファントマ幻想』(青土社)。訳書にレリス『角笛と叫び』(青土社)、シュネデール『グレン・グールド 孤独のアリア』(筑摩書房)、シュネデール『シューマン 黄昏のアリア』(筑摩書房)、『プーランクは語る』(筑摩書房)、マセ『最後のエジプト人』(白水社)、『ミシェル・レリス日記』全2巻(みすず書房)、ドゥレ『リッチ&ライト』(みすず書房)、クロソフスキー『古代ローマの女たち』(平凡社ライブラリー)などがある。


 

千葉文夫 の書籍一覧