「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



千葉眞

ちば・しん

1949年、宮城県生まれ。早稲田大学大学院修士課程(政治思想)修了後、プリンストン神学大学(Ph. D. 政治倫理学)。現在 国際基督教大学教養学部教授。著書『現代プロテスタンティズムの政治思想』(新教出版社 1988)『ラディカル・デモクラシーの地平』(新評論 1995)『アーレントと現代』(岩波書店 1996)『デモクラシー』(岩波書店 2000)『二十一世紀と福音信仰』(教文館 2001)『平和の政治思想史』(おうふう 2009) 『「未完の革命」としての平和憲法』(岩波書店 2009) ほか。訳書にH・アーレント『アウグスティヌスの愛の概念』(2002)シェルドン・S・ウォリン『政治学批判』(共訳、1988)『アメリカ憲法の呪縛』(共訳、2006、以上みすず書房)など。


 

千葉眞 の書籍一覧