「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



中村草田男

なかむら・くさたお

1901年、父・修が領事を務めていた中国の廈門に生まれる。本名・清一郎。1904年、母・ミネと帰国し、松山市に住む。1925年東京帝国大学文学部独逸文学科入学、のち国文科に転科。1933年成蹊高等学校(旧制)教授。1949-67年成蹊大学教授、1969年名誉教授。1929年に高浜虚子の門に入り、東大俳句会に入会して「ホトトギス」投句を始める。句集『長子』(1936)、『火の島』(1939)、『萬緑』(1941)を刊行した後、1946年主宰誌「萬緑」創刊。さらに句集『来し方行方』(1947)、『銀河依然』(1953)、『母郷行』(1956)、『美田』(1967)、『時機』(1980)を刊行。この間、メルヘン集『風船の使者』(1977)により芸術選奨文部大臣賞を受賞した。エッセイ集『魚食ふ、飯食ふ』(1979)、評釈『蕪村集』(1943;1980)のほか、評釈・入門書・季語撰など10余冊の著編書がある。1983年歿。翌年、芸術院賞恩賜賞受賞。『中村草田男全集』全18巻・別巻1(1984-91、みすず書房)がある。他に『俳句と人生――講演集』『子規、虚子、松山』(ともに2002、みすず書房)など。


 

中村草田男 の書籍一覧

  • 大虚鳥
    大虚鳥
    [著者] 中村草田男  
    「俳人自照 初鴉大虚鳥こそ光あれ 草田男 初鴉大虚鳥こそ天翔けれ 草田男 初鴉大虚鳥の声限り 草田男 大虚鳥(おほをそどり)は大軽率鳥とも表記される鴉の蔑称である。これを〈声限り〉と ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/200頁
    • 定価 4,320円(本体4,000円)
    • ISBN 4-622-07054-5 C1092
    • 2003年8月8日発行
  • 俳句の出発
    俳句の出発
    [著者] 正岡子規   [編] 中村草田男  
    「漠然と単に一種の教養的読物として、子規の俳論的随筆類に目を遊ばしてみようとする人々の為めによりも、其身、俳句の実作者であると否とに拘らず、昭和現在の俳句及び俳壇の実質と様相、将来 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/304頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-07009-X C1092
    • 2002年10月1日発行
  • 子規、虚子、松山
    子規、虚子、松山
    [著者] 中村草田男   [解説] 芳賀徹  
    「瀬戸内海を控え、なだらかな山々をめぐらし、程よい広さの平野の中に、松山は昔からたった松山孤りで暮らして来た。外部との激しい交渉は殆どない。謂わば血族だけが一つ所一つ屋根の下に水い ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/256頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-07004-9 C1092
    • 2002年9月13日発行
  • 俳句と人生
    俳句と人生講演集
    [著者] 中村草田男  
    「いかなる芸術でも、分野独特の〈特殊性〉をもっていて、その〈特殊性〉にまず徹しなければいけない。しかも、それが同時に、作者の内側という内面界において、人間的に豊かな〈普遍性〉をとげ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/280頁
    • 定価 2,700円(本体2,500円)
    • ISBN 4-622-07003-0 C1092
    • 2002年8月23日発行