「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



中村禎里

なかむら・ていり

1932-2014。東京に生まれる。1958年、東京都立大学理学部卒業。1967年、立正大学教養部講師。その後、助教授、教授を経て、1995年から同大学仏教学部教授。著書 『ルィセンコ論争』(みすず書房、1967、のち〈みすずライブラリー〉版『日本のルィセンコ論争』、1997、新版『日本のルィセンコ論争』、2017)『生物学と社会』(みすず書房、1970)『生物学の歴史』(河出書房新社、1973)『生物学を創った人びと』(日本放送出版協会、1974、のち増補・改訂して『生物学を創った人々』みすず書房、2000)『危機に立つ科学者』(河出書房新社、1976)『日本人の動物観』(海鳴社、1984)『狸とその世界』(朝日新聞社、1990)『河童の日本史』(日本エディタースクール出版部、1996)『胞衣の生命』(海鳴社、1999)『狐の日本史』近世・近代篇(日本エディタースクール出版部、2003)『生命観の日本史』古代・中世篇(日本エディタースクール出版部、2011)ほか多数。


 

中村禎里 の書籍一覧

  • 日本のルィセンコ論争【新版】
    日本のルィセンコ論争【新版】
    [著者] 中村禎里   [解説] 米本昌平  
    かつて、非科学的な遺伝学説が日本の生物学界を席捲し、科学は機能不全に陥った。本書は日本の生物学史の暗黒期の記録であり、科学と政治の緊張関係や捏造事件について考える時、必ず振り返られ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/280頁
    • 定価 4,104円(本体3,800円)
    • ISBN 978-4-622-08620-8 C1040
    • 2017年7月18日発行
  • 近代生物学史論集
    近代生物学史論集
    [著者] 中村禎里  
    発生学から専攻を転じ、“科学史のセミプロ”を自称しながら往く人の少ない生物学史研究の道を切り拓き、近年はむしろ狸や河童などの歴史民俗学的研究に関心の中心を移したように見える著者だが ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/384頁
    • 定価 4,536円(本体4,200円)
    • ISBN 4-622-07082-0 C1040
    • 2004年2月10日発行
  • 生物学を創った人々
    生物学を創った人々
    [著者] 中村禎里  
    生命とは何か。古典古代より生命論は、一方で「死」と対をなす「生」への関心と、他方で生命現象と無機的自然現象との差異とは何か、という二極のテーマの間を揺れ動きながら考究され発展して来 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/288頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-03965-6 C1045
    • 2000年4月20日発行