「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



朝永振一郎

ともなが・しんいちろう

1906年、東京に生まれる。京都帝国大学理学部卒業後、理化学研究所研究員を経て、東京文理科大学教授、東京教育大学教授、同大学学長を歴任。「超多時間理論」「くりこみ理論」などの世界的業績を遺した。1965年度ノーベル物理学賞受賞。東京教育大学名誉教授。1979年歿。『量子力学 I・II』(1952、みすず書房)をはじめとする明晰かつ独創的な教科書や解説、あるいは『鏡の中の物理学』(1976、講談社学術文庫)、『物理学とは何だろうか 上・下』(1979、岩波新書)などの優れた科学啓蒙書の著者としても知られる。著書はほかに、『科学と科学者』(1968)、『物理学読本』(編著、1969)、Scientific Papers of TOMONAGA(全2巻、1971-76)、『庭にくる鳥』(1975)、『角運動量とスピン』(1989、以上みすず書房)など多数。訳書にディラック『量子力学』(原書第4版)(共訳、1968、岩波書店)などがある。学術論文以外の著作を集成した「朝永振一郎著作集」(みすず書房)が刊行されている。
『プロメテウスの火』『物理学への道程』(ともに江沢洋編、2012)が、シリーズ《始まりの本》(みすず書房)から刊行されている。


 

朝永振一郎 の書籍一覧

  • 物理学への道程
    始まりの本
    物理学への道程
    [著者] 朝永振一郎   [編] 江沢洋  
    「光子の裁判」「鏡の中の物理学」をはじめとする著名な作品から、知る人ぞ知る佳品「思い出ばなし」「量子力学の曙」まで、朝永振一郎の必読作に一冊で出会える新編集本。著者の哲学と遺産が立 ...
    • 四六変型判 タテ191mm×ヨコ130mm/384頁
    • 定価 3,672円(本体3,400円)
    • ISBN 978-4-622-08365-8 C1342
    • 2012年12月25日発行
  • プロメテウスの火
    始まりの本
    プロメテウスの火
    [著者] 朝永振一郎   [編] 江沢洋  
    朝永振一郎は原子核物理学の傑出したリーダーの一人であり、また、ノーベル賞受賞者として戦後の基礎科学研究振興のキーマンでもあった。本書では、朝永がそうした立場から科学の「原罪」という ...
    • 四六変型判 タテ191mm×ヨコ130mm/280頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 978-4-622-08354-2 C1342
    • 2012年6月22日発行
  • スピンはめぐる【新版】
    スピンはめぐる【新版】成熟期の量子力学
    [著者] 朝永振一郎   [注] 江沢洋  
    朝永振一郎による不朽の名著、待望の新版。あのパウリによって「古典的記述不可能な二価性」とも表現され、マクロな物理現象とのアナロジーを拒んだ“スピン”の真髄に迫ろうとするとき、本書の ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/352頁
    • 定価 4,968円(本体4,600円)
    • ISBN 978-4-622-07369-7 C3042
    • 2008年6月20日発行
  • 回想の朝永振一郎【新装版】
    回想の朝永振一郎【新装版】
    [編] 松井巻之助  
    くりこみ理論により、1965年にノーベル物理学賞を受賞した朝永振一郎。歿後から一年、1980年7月8日に刊行された本書を、生誕百年にあたり、新装版でお届けする。 物理学者として、さらに東京教 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/416頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-07222-X C0042
    • 2006年4月19日発行
  • 量子力学と私【新装版】
    朝永振一郎著作集 11
    量子力学と私【新装版】
    [著者] 朝永振一郎   [解説] 山口嘉夫  
    わが国に量子力学が伝来し、それが日本における素粒子論・場の理論の隆盛へと開花していく道筋を跡づけた講演・講義など10篇を収録。物理学の変革の時代に生き、数々の輝かしい業績を生んだ博士 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/376頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-05121-4 C1340
    • 2002年1月25日発行
  • 紀行と閑談【新装版】
    朝永振一郎著作集 12
    紀行と閑談【新装版】
    [著者] 朝永振一郎   [解説] 松井巻之助  
    科学者の澄んだ目を通して世界各地の地理・文物・風俗を鮮やかに映し出した紀行講演5篇と、くつろいだ雰囲気のもとでの対談・座談を収める。主題をめぐる機知に富む脱線、軽妙な会話のやりとり ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/384頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-05122-2 C1340
    • 2002年1月25日発行
  • 学問をする姿勢【新装版】
    朝永振一郎著作集 別巻1
    学問をする姿勢【新装版】
    [著者] 朝永振一郎   [解説] 戸田盛和  
    全12巻への補遺33篇。随筆「本屋さんへの悪口」ほか、科学者の社会的責任への考察、研究生活への回顧、晩年における物理学への洞察など、この一巻に博士の多彩な生涯と活動が凝縮されている。著 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/368頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-05123-0 C1340
    • 2002年1月25日発行
  • 日記・書簡【新装版】
    朝永振一郎著作集 別巻2
    日記・書簡【新装版】
    [著者] 朝永振一郎   [解説] 小林稔  
    異郷での孤独と憂愁、研究の行きづまりなど、自己をきびしくさいなむ心の葛藤を切々と綴った「滞独日記」は若き日の素顔を伝える。他に、師・仁科芳雄、父・朝永三十郎、友・湯川秀樹らにあてた ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/384頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-05124-9 C1340
    • 2002年1月25日発行
  • 朝永振一郎 人と業績【新装版】
    朝永振一郎著作集 別巻3
    朝永振一郎 人と業績【新装版】
    [著者] 朝永振一郎   [解説] 小沼通二  
    湯川秀樹、茅誠司、桑原武夫、円地文子、永井道雄、山本健吉ら各界30氏による〈朝永振一郎論〉の集成。博士の人間、物理学、著述、社会的活動の各側面を回顧し、その天分と情熱を語り、全体像を ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/384頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-05125-7 C1340
    • 2002年1月25日発行
  • 開かれた研究所と指導者たち【新装版】
    朝永振一郎著作集 6
    開かれた研究所と指導者たち【新装版】
    [著者] 朝永振一郎   [解説] 玉木英彦  
    若き日の理研での修業、戦後招聘されたプリンストン研究所での経験から「開かれた研究所」の必要性を痛感した博士は、共同利用研究所の設置に尽力した。自ら深く関与した諸研究所の特性と、その ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/368頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-05116-8 C1340
    • 2001年12月5日発行
  • 物理学とは何だろうか【新装版】
    朝永振一郎著作集 7
    物理学とは何だろうか【新装版】
    [著者] 朝永振一郎   [解説] 伊藤大介  
    専門の内外から絶讃を浴び、大仏次郎賞を受賞した遺著『物理学とは何だろうか』と、物理学会創立100年記念講演を収録する。力学と熱力学の形成史に対する論理的アプローチは、自ら創造の苦しみ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/368頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-05117-6 C1340
    • 2001年12月5日発行
  • 量子力学的世界像【新装版】
    朝永振一郎著作集 8
    量子力学的世界像【新装版】
    [著者] 朝永振一郎   [解説] 牧二郎  
    長く版を重ね、多数の読者に親しまれてきた『量子力学的世界像』に新たに5篇を加える。巻頭を飾る「光子の裁判」は、被告波乃光子の奇妙な振るまいをめぐる裁判劇を通して、量子力学における〈 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/368頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-05118-4 C1340
    • 2001年12月5日発行
  • マクロの世界からミクロの世界へ【新装版】
    朝永振一郎著作集 9
    マクロの世界からミクロの世界へ【新装版】
    [著者] 朝永振一郎   [解説] 江沢洋  
    宇宙線、原子論、放射能、素粒子、相対論、宇宙観など、現代物理学のテーマを平明に解説した講演8篇と、理科教育への示唆的な提言3篇を収録する。量子力学を正面から論じた第8巻に続き、物理学 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/376頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-05119-2 C1340
    • 2001年12月5日発行
  • 量子電気力学の発展【新装版】
    朝永振一郎著作集 10
    量子電気力学の発展【新装版】
    [著者] 朝永振一郎   [解説] 西島和彦  
    ノーベル賞受賞講演「量子電気力学の発展」を巻頭に配し、ライフワークである超多時間理論・くりこみ理論の概要とその歴史的発展を解説した論説・対談・座談を年代順に収める。湯川博士との交友 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/368頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-05120-6 C1340
    • 2001年12月5日発行
  • 鳥獣戯画【新装版】
    朝永振一郎著作集 1
    鳥獣戯画【新装版】
    [著者] 朝永振一郎   [解説] 串田孫一  
    単行本『鏡のなかの世界』『庭にくる鳥』収録の随筆を中心に、晩年に書かれた「鳥獣戯画」など40数篇を収める。鋭い観察眼、繊細で叙情に満ちた心象、軽妙洒脱な筆致を余すところなく示しており ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/376頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-05111-7 C1395
    • 2001年10月5日発行
  • 物理学と私【新装版】
    朝永振一郎著作集 2
    物理学と私【新装版】
    [著者] 朝永振一郎   [解説] 小谷正雄  
    独得の語り口で読者を物理の世界へと誘う「物理学と私」「鏡のなかの物理学」など講演4篇を主体に、仁科芳雄、坂田昌一、ハイゼンベルクなどの師・友への追想「忘れえぬ人びと」、京都・理研・ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/368頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-05112-5 C1340
    • 2001年10月5日発行
  • 物理学の周辺【新装版】
    朝永振一郎著作集 3
    物理学の周辺【新装版】
    [著者] 朝永振一郎   [解説] 伏見康治  
    物理学の周辺領域に話題を拾った対談・座談・講演など多彩な内容を盛る。湯川秀樹博士との「よもやま話」をはじめ、桑原万寿太郎、坪井忠二、武見太郎の諸氏との対談は、生物学、語学、教育など ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/376頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-05113-3 C1340
    • 2001年10月5日発行
  • 科学と人間【新装版】
    朝永振一郎著作集 4
    科学と人間【新装版】
    [著者] 朝永振一郎   [解説] 桑原武夫  
    科学と人間・社会・文明との関わりを主題とする講演、文明問題懇談会での問題提起と発言、および科学と科学者のあり方を論じた評論・対談・座談を収める。「科学原罪説」をめぐる主張は、科学の ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/376頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-05114-1 C1340
    • 2001年10月5日発行
  • 科学者の社会的責任【新装版】
    朝永振一郎著作集 5
    科学者の社会的責任【新装版】
    [著者] 朝永振一郎   [解説] 小川岩雄  
    ラッセル・アインシュタイン宣言を契機に、博士は世界の著名な科学者とともにパグウォッシュ運動に参画し、核兵器の廃絶に情熱を傾けた。本巻収録の評論・対談は、人間性への深い理解に立って平 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/376頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-05115-X C1340
    • 2001年10月5日発行
  • 量子力学 II【第2版】
    量子力学 II【第2版】
    [著者] 朝永振一郎  
    「これはまことに本格的な、そして創意に満ちた本であって、正にディラック、パウリ以来の名著だと思われる。朝永氏の本を通読してまず感じることは、それが常套的な教科書と趣を異にする大変個 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/424頁
    • 定価 6,480円(本体6,000円)
    • ISBN 4-622-04105-7 C3042
    • 1997年3月5日発行
  • 庭にくる鳥
    みすずライブラリー
    庭にくる鳥
    [著者] 朝永振一郎  
    「堆肥のにおいからふるさとを思い出した……このときの思い出は不思議な安らぎを心にもたらし、よいではないか、よいではないか、一人ぼっちでも何でも、それをあるがままに受容すれば、それで ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/264頁
    • 定価 2,700円(本体2,500円)
    • ISBN 4-622-05005-6 C0395
    • 1996年9月19日発行
  • 角運動量とスピン
    角運動量とスピン『量子力学』補巻
    [著者] 朝永振一郎   [編] 亀淵迪   [編] 原康夫   [編] 小寺武康  
    故朝永振一郎博士(1965年度ノーベル物理学賞)の『量子力学』I・II(小社刊)は、数ある量子力学の教科書の中でもひときわ名著としての誉れが高く、その名声は英訳版を通して広く海外にも知ら ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/272頁
    • 定価 4,536円(本体4,200円)
    • ISBN 4-622-04081-6 C3042
    • 1989年4月14日発行
  • 物理学読本【第2版】
    物理学読本【第2版】
    [編] 朝永振一郎  
    本書は、物理学を学び始める学生のための朝永教授の講義案を骨子として、門下の人々が分担執筆したものである。朝永教授が最も重きをおかれたことは、物理学発展の大きな筋道を示すことによって ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/272頁
    • 定価 2,916円(本体2,700円)
    • ISBN 4-622-02503-5 C1042
    • 1969年5月23日発行
  • 量子力学 I【第2版】
    量子力学 I【第2版】
    [著者] 朝永振一郎  
    本書は、朝永教授みずから第1版に綿密な検討を加え、多くの改訂・増補がなされたものである。「量子力学の発展の真の精神を把握するのに驚嘆に値するほど成功しており、……量子力学を学ぶ学生 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/312頁
    • 定価 3,780円(本体3,500円)
    • ISBN 4-622-02551-5 C3042
    • 1952年5月6日発行