「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



鶴見俊輔

つるみ・しゅんすけ

1922年東京生まれ。哲学者。10代で渡米、1942年、ハーヴァード大学哲学科卒業。同年、日米交換船で帰国、海軍バタビア在勤武官府に軍属として勤務する。敗戦後の1946年5月、都留重人、鶴見和子、丸山眞男らとともに雑誌『思想の科学』を創刊。その後、京都大学、東京工業大学、同志社大学で教鞭をとり、1960年には市民グループ「声なき声の会」を創設、1965年にはべ平連に参加した。1970年同志社大学教授を辞職。2015年死去。『鶴見俊輔集』(全12巻・続5巻、筑摩書房、1991-92、2000-2001)『鶴見俊輔座談』(全10巻、晶文社、1996)はじめ、『戦時期日本の精神史』(岩波書店、大佛次郎賞)『戦後日本の大衆文化史』(岩波書店)『夢野久作』(リブロポート、日本推理作家協会賞)『期待と回想』(上下、晶文社)など、数多くの著書がある。1994年度朝日賞受賞。


 

鶴見俊輔 の書籍一覧

  • 鶴見俊輔書評集成 3
    鶴見俊輔書評集成 31988-2007
    [著者] 鶴見俊輔  
    〈自分よりも年上の人がおだやかな表情ですわっているのを見ると、心があたたまる。自分より年上の人が見あたらなくなったら、あかんぼうが安らかに眠っているのを見ると、やはり心が静まるだろ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/576頁
    • 定価 5,184円(本体4,800円)
    • ISBN 978-4-622-07313-0 C1395
    • 2007年11月21日発行
  • 鶴見俊輔書評集成 2
    鶴見俊輔書評集成 21970-1987
    [著者] 鶴見俊輔  
    〈私たちは、思想に、他をおしつぶすような力を求めすぎる。もちろん、それも思想の力の一種だけれども、その種の力だけを重く見ると、宣伝力といっしょくたになってしまう。そうなると、テレビ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/456頁
    • 定価 4,860円(本体4,500円)
    • ISBN 978-4-622-07312-3 C1395
    • 2007年9月14日発行
  • 鶴見俊輔書評集成 1
    鶴見俊輔書評集成 11946-1969
    [著者] 鶴見俊輔  
    〈たとえば戦後の諸改革について、日本人である幣原喜重郎に憲法第九条の最初の提案が帰せられるとしても、そのほかの多くの改革において、占領軍側のホイットニーやケーディスなどの提案がじつ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/512頁
    • 定価 4,860円(本体4,500円)
    • ISBN 978-4-622-07311-6 C1395
    • 2007年7月10日発行
  • 藤田省三対話集成 3
    藤田省三対話集成 3
    [著者] 藤田省三   [解説] 宮村治雄  
    「ぼくらはやっぱり国家と状況と両方をこえていくという視点が根本的に必要で、それは人間が問題なんだという、人間の核心や人間の経験、いろんな繊細な局面をもつ人間の経験の多面性の襞のなか ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/376頁
    • 定価 4,536円(本体4,200円)
    • ISBN 978-4-622-07207-2 C1331
    • 2007年5月18日発行
  • 藤田省三対話集成 1
    藤田省三対話集成 1
    [著者] 藤田省三   [解説] 飯田泰三  
    「藤田 精神的潮流の面でいえば、安保闘争を構成していったものは、ヤミ市的状況の精神ではないか。日本の戦後の原人性ね。ほとんどすべての人がヤミ市的暮らしを経ることによって生きてきた。 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/376頁
    • 定価 4,104円(本体3,800円)
    • ISBN 4-622-07205-X C1331
    • 2006年7月24日発行
  • 神谷美恵子の世界
    神谷美恵子の世界
    [編] みすず書房編集部  
    没後すでに四半世紀がたとうとしているのに、『生きがいについて』や『日記』など、あらゆる世代の人々から非常に幅広く、また非常に高い人気を得ている神谷美恵子。英文学から医学へ、さらには ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/224頁
    • 定価 2,052円(本体1,900円)
    • ISBN 4-622-08186-5 C0311
    • 2004年10月4日発行
  • マラッカ
    鶴見良行著作集 5
    マラッカ
    [著者] 鶴見良行   [編] 鶴見俊輔  
    本巻は、著者の長篇歴史ルポルタージュ三部作の記念すべき第一作『マラッカ物語』と、その関連論考・評伝を一挙に収録する。 「始まりは、10行にも満たない新聞記事である。そこから私は、マラ ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/520頁
    • 定価 8,856円(本体8,200円)
    • ISBN 4-622-03815-3 C1336
    • 2000年4月20日発行
  • 出発
    鶴見良行著作集 1
    出発
    [著者] 鶴見良行   [編] 鶴見俊輔  
    敗戦日本の焼跡に、ロサンゼルス生まれの一人の青年が立っていた。彼はゆっくりと、自らの資質の存りかを探るように歩き始める――『思想の科学』を主な活動の場として、国際文化会館に勤務しな ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/336頁
    • 定価 7,128円(本体6,600円)
    • ISBN 4-622-03811-0 C1336
    • 1999年9月20日発行