「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



日高敏隆

ひだか・としたか

1930年東京に生まれる。東京大学理学部動物学科卒業。東京農工大学教授。京都大学教授、滋賀県立大学学長、総合地球環境学研究所所長、同研究所顧問を歴任。京都大学名誉教授。著書『人間についての寓話』(風濤社、1972、現在、平凡社)、『帰ってきたファーブル』(人文書院、1993、現在、講談社学術文庫)、『ぼくにとっての学校』(講談社、1999)ほか。訳書  ティンペルへン『動物のことば』(みすず書房、1957)、ローレンツ『ソロモンの指環』(早川書房、1963)、モリス『裸のサル』(河出書房、1969、現在角川文庫)、ホール『かくれた次元』(みすず書房、1970)、ローレンツ『動物行動学』上・下(ちくま文庫、1998)ほか多数。2009年歿。


 

日高敏隆 の書籍一覧

  • 攻撃
    攻撃悪の自然誌
    [著者] コンラート・ローレンツ   [訳者] 日高敏隆   [訳者] 久保和彦  
    本書は、比較行動学の立場から脊椎動物における《攻撃本能》といわれるものに新しい角度から光を当て、世界中に大きな反響をまき起こした。 さんご礁を中心とした美しい世界で展開される色とり ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/392頁
    • 定価 4,104円(本体3,800円)
    • ISBN 4-622-01599-4 C0045
    • 1985年4月30日発行
  • かくれた次元
    かくれた次元
    [著者] エドワード・T・ホール   [訳者] 日高敏隆   [訳者] 佐藤信行  
    今日の世界では、われわれは、多くの情報源からのデータに圧倒され、さまざまの文化に接触し、世界中いたるところで人びとにインヴォルヴされてゆく。それとともに、世界全体とのかかわりが失わ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/304頁
    • 定価 3,132円(本体2,900円)
    • ISBN 4-622-00463-1 C1010
    • 1970年10月30日発行