「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



飯島耕一

いいじま・こういち

1930年岡山に生まれる。1952年東京大学文学部仏文科卒業。國學院大学教授を経て、2000年3月まで明治大学教授。1953年詩集『他人の空』(ユリイカ)。1955年シュルレアリスム研究会をつくって数年間続いた。詩集に『ゴヤのファースト・ネームは』(高見順賞)、『夜を夢想する小太陽の独言』(現代詩人賞)、『さえずりきこう』、『浦伝い 詩型を旅する』『アメリカ』(読売文学賞・詩歌文学館賞)などがあり、評論集に『日本のシュールレアリスム』、『シュルレアリスムという伝説』、『現代詩が若かったころ』などがある。他に小説『暗殺百美人』(ドゥ・マゴ文学賞)、『小説・六波羅カプリチョス』、『小説平賀源内』『ヨコハマ ヨコスカ 幕末 パリ』、『白紵歌』がある。2000年から2001年にかけて著作集『飯島耕一・詩と散文』(全5巻、みすず書房)を刊行。


 

飯島耕一 の書籍一覧

  • 漱石の〈明〉、漱石の〈暗〉
    漱石の〈明〉、漱石の〈暗〉
    [著者] 飯島耕一  
    「この本はわたしのこれまで書いて来た評論、あるいはエッセイの中では、もっとも読みやすいものだと思う。何しろひろく知られた夏目漱石についての文章であり、わたしも十代のころから少しずつ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/256頁
    • 定価 3,456円(本体3,200円)
    • ISBN 4-622-07176-2 C1095
    • 2005年11月22日発行
  • 萩原朔太郎 1
    萩原朔太郎 1
    [著者] 飯島耕一  
    「白秋からやってきた象徴詩、それを受けつぐべき者として朔太郎は決定的な位置に立っていた。その時期に朔太郎が立たされたのだとしてもよい。その時期が朔太郎を必要としたとしてもよいかもし ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/272頁
    • 定価 3,780円(本体3,500円)
    • ISBN 4-622-07079-0 C1095
    • 2004年1月5日発行
  • 萩原朔太郎 2
    萩原朔太郎 2
    [著者] 飯島耕一  
    「ニイチェに憧れながら、ついにニイチェにはついて行けず、深い〈喪失〉感に陥る。そのニイチェ的メタフィジックの〈喪失感〉と〈日本への回帰〉は、この詩人のもとに一度に手を携えてやってき ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/240頁
    • 定価 3,456円(本体3,200円)
    • ISBN 4-622-07080-4 C1095
    • 2004年1月5日発行
  • 白秋と茂吉
    白秋と茂吉
    [著者] 飯島耕一  
    かはたれのロウデンバッハ芥子の花  ほのかに過ぎし夏はなつかし とほき世のかりょうびんがのわたくし児  田螺はぬるきみづ恋ひにけり 茂吉に比べて、白秋の存在は名のみ先行して余り読まれ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/304頁
    • 定価 4,320円(本体4,000円)
    • ISBN 4-622-07065-0 C1095
    • 2003年10月6日発行
  • 江戸俳諧にしひがし
    大人の本棚
    江戸俳諧にしひがし
    [著者] 飯島耕一   [著者] 加藤郁乎  
    「江戸俳諧、と聞いて過去のものと思うのはやめよう。江戸俳諧は今日という時代を泳ぐのに、他に換えがたい同伴者となってくれるだろう。江戸俳諧という滑稽と繊細のシャワーを思いきり浴びてみ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/296頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-04830-2 C1395
    • 2002年7月10日発行
  • 飯島耕一・詩と散文 5
    飯島耕一・詩と散文 5
    [著者] 飯島耕一  
    この巻には、詩人の〈現在〉を鮮烈に浮かび上がらせる未刊行詩集『カンシャク玉と雷鳴』を一挙に収録する。 また『冬の幻』は、著者の敬愛するシュルレアリスト詩人・瀧口修造をモデルにした連 ...
    • A5変型判 タテ200mm×ヨコ148mm/344頁
    • 定価 3,780円(本体3,500円)
    • ISBN 4-622-04735-7 C1395
    • 2001年6月1日発行
  • 飯島耕一・詩と散文 4
    飯島耕一・詩と散文 4
    [著者] 飯島耕一  
    詩篇は、定型詩の可能性に挑んで反響を呼んだ「さえずりきこう」と、沖縄をめぐる「宮古」を収める。 短篇は、戦中の詩人たちの受難を描いた「硫酸の日々」ほか、「サマー・タイム」と「重か、 ...
    • A5変型判 タテ200mm×ヨコ148mm/320頁
    • 定価 3,780円(本体3,500円)
    • ISBN 4-622-04734-9 C1395
    • 2001年4月5日発行
  • 飯島耕一・詩と散文 2
    飯島耕一・詩と散文 2
    [著者] 飯島耕一  
    「昔ブレイクのいたことも、ときどきは憶い出そう。薔薇の赤と黄を愛そう。そして悲しみつづけよう。ときにまだのこる冬の冷たい風に吹かれよう。」 『何処へ』『ウイリアム・ブレイクを憶い出 ...
    • A5変型判 タテ200mm×ヨコ148mm/328頁
    • 定価 3,780円(本体3,500円)
    • ISBN 4-622-04732-2 C1395
    • 2001年2月1日発行
  • 飯島耕一・詩と散文 3
    飯島耕一・詩と散文 3
    [著者] 飯島耕一  
    詩篇には、精神的な危機の回復をみごとに謳い、第五回高見順賞を受賞した『ゴヤのファースト・ネームは』を全篇収録。散文は、著者が久しく読み込んできた鐘愛の作家=バルザックにかんする論考 ...
    • A5変型判 タテ200mm×ヨコ148mm/344頁
    • 定価 3,780円(本体3,500円)
    • ISBN 4-622-04733-0 C1395
    • 2000年12月1日発行
  • 飯島耕一・詩と散文 1
    飯島耕一・詩と散文 1
    [著者] 飯島耕一  
    詩集『他人の空』によって戦後現代詩の世界に衝撃的なデビューを果たして以来、著者はほぼ半世紀にわたって詩と散文の領域でつねに先端に位置してきた。シュルレアリスム研究会の設立から、『ゴ ...
    • A5変型判 タテ200mm×ヨコ148mm/312頁
    • 定価 3,780円(本体3,500円)
    • ISBN 4-622-04731-4 C1395
    • 2000年10月5日発行
  • 『虚栗』の時代
    『虚栗』の時代芭蕉と其角と西鶴と
    [著者] 飯島耕一  
    「『虚栗(みなしぐり)』と『好色一代男』が印刷された天和3年(1863年)は、20世紀ヨーロッパでいうとダダがシュルレアリスムに移行する1920年代初めと何やら似たような年であり、元禄期を前 ...
    • 四六変型判 タテ188mm×ヨコ118mm/200頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-04654-7 C0095
    • 1998年6月8日発行
  • 現代詩が若かったころ
    現代詩が若かったころシュルレアリスムの詩人たち
    [著者] 飯島耕一  
    「今日の詩人はフランスだけのことでなく日本の場合も、詩を考えすぎる。頭脳的になり過ぎている。時代的閉塞感が強いのはわかるが、不幸そうで、用心深く、笑いも怒りも衰弱している。ぶっこわ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/304頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-04588-5 C0095
    • 1994年7月26日発行
  • シュルレアリスムという伝説
    シュルレアリスムという伝説
    [著者] 飯島耕一  
    「シュルレアリスムについて、マルクス兄弟やバスター・キートンを語るようにして語れないものであろうか。瀧口修造も実によく笑う人であった。『滑稽なんですよ、実にふるってるんですよ』と言 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/304頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-04238-X C1070
    • 1992年6月22日発行
  • 語るピカソ
    語るピカソ
    [著者] ブラッサイ   [訳者] 飯島耕一   [訳者] 大岡信  
    ピカソ83歳の誕生日に親友の写真家ブラッサイによって捧げられた。30年に及ぶピカソの日々の創造の歓び、彼をめぐる芸術家たちの肖像。写真53点。
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/392頁
    • 定価 8,640円(本体8,000円)
    • ISBN 4-622-01509-9 C3071
    • 1968年11月1日発行