「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



オイゲン・エールリッヒ

Eugen Ehrlich

1862年オーストリア帝国の辺境チェルノヴィッツ(現在ウクライナ共和国)に生まれる。父はロマニスト的素養をもつユダヤ系弁護士。ウィーン大学で学び、1886年法学博士。1894年ウィーン大学私講師。1897年チェルノヴィッツ大学員外教授、1901年同大学教授(ローマ法担当)、1906年同大学総長。社会問題に深い関心をもち、ドイツ民法典草案批判から、自由法論の提唱、さらに法社会学の構築へと向かう。ヴェーバー、デュルケムと並ぶ法社会学の開拓者。1922年、ルーマニアのブカレストで死去。著書『権利能力論』『法社会学の基礎理論』『法律的論理』ほか多数。


 

オイゲン・エールリッヒ の書籍一覧