「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



大窪愿二

おおくぼ・げんじ

1915年秋田県に生れる。日本太平洋問題調査会の事務局を経て、1980年まで駐日カナダ大使館に勤務。1986年歿。著書”Problems of the Emperor System in Postwar Japan”(1948)”Japanese Communist Party”(1969、共著)。編訳書『ハーバート・ノーマン全集』(1989、増補版、岩波書店)。訳書 サンソム『世界史における日本』(1951、岩波新書)ファイス『真珠湾への道』(1956、みすず書房)ダワー『吉田茂とその時代』(1991、中公文庫)他。


 

大窪愿二 の書籍一覧

  • ナショナリズムの発展【新版】
    ナショナリズムの発展【新版】
    [著者] E・H・カー   [訳者] 大窪愿二  
    ナショナリズムによる衝突は、なぜ起きるのか。イギリスの外交官として、1919年ヴェルサイユ平和会議に随行、その後ロシア問題や、国際連盟の担当となり、1936年退官後はウェールズ大学の教授を ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/120頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-07242-4 C1031
    • 2006年9月7日発行