「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



岡真理

おか・まり

1960年生まれ。東京外国語大学大学院修士課程修了。在モロッコ日本国大使館専門調査員、大阪女子大学人文社会学部講師等を経て、現在、京都大学大学院人間・環境学研究科教授。専攻は現代アラブ文学、パレスチナ問題、第三世界フェミニズム思想。著書に『彼女の「正しい」名前とは何か』(青土社、2000)『記憶/物語』(岩波書店、2000)『棗椰子の木陰で』(青土社、2006)『アラブ、祈りとしての文学』(みすず書房、2008、新装版2015)。訳書にエドワード・サイード『イスラム報道 増補版』(共訳、みすず書房、2003)、サイード・アブデルワーヘド『ガザ通信』(共訳、青土社、2009)、ターハル・ベン=ジェルーン『火によって』(以文社、2012)ほか。2009年、市民・学生有志とともに、平和をめざす朗読集団「国境なき朗読者たち」を立ち上げ、ガザをテーマとする朗読劇の上演活動を続ける。


 

岡真理 の書籍一覧

  • アラブ、祈りとしての文学【新装版】
    アラブ、祈りとしての文学【新装版】
    [著者] 岡真理  
    もしもパレスチナの難民キャンプで傷付いた子どもの傍らにいたなら、私たちはその手をとるだろう。ベツレヘムの街で自爆に赴く青年が目の前にいたら、彼の行く手を遮るだろう。だが私たちはそこ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/320頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 978-4-622-07969-9 C0010
    • 2015年11月25日発行
  • 望郷と海
    始まりの本
    望郷と海
    [著者] 石原吉郎   [解説] 岡真理  
    「彼はついに〈告発〉の言葉を語らなかった。彼の一切の思考と行動の根源には、苛烈で圧倒的な沈黙があった。それは声となることによって、そののっぴきならない真実が一挙にうしなわれ、告発と ...
    • 四六変型判 タテ191mm×ヨコ130mm/312頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 978-4-622-08356-6 C1336
    • 2012年6月8日発行
  • イスラム報道【増補版】
    イスラム報道【増補版】
    [著者] エドワード・W・サイード   [訳者] 浅井信雄   [訳者] 佐藤成文   [訳者] 岡真理  
    「私は、ムスリムがイスラームの名によってイスラエル人や西洋人を攻撃したり傷つけたりしたことがない、などと言っているのではない。私が語っているのは、人がイスラームについてメディアを通 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/300頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-07032-4 C1030
    • 2003年4月1日発行