「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



岡野八代

おかの・やよ

1967年生まれ。現在、同志社大学グローバル・スタディーズ研究科教授。専攻は西洋政治思想史・現代政治理論。著書に、『法の政治学――法と正義とフェミニズム』(青土社 2002)、『シティズンシップの政治学――国民・国家主義批判』(白澤社 2003、増補版 2009)、『フェミニズムの政治学――ケアの倫理をグローバル社会へ』(みすず書房 2012)。訳書にドゥルシラ・コーネル『女たちの絆』(共訳、みすず書房 2005)、エヴァ・フェダー・キティ『アイの労働あるいは依存とケアの正義論』(監訳、白澤社 2010)などがある。


 

岡野八代 の書籍一覧

  • フェミニズムの政治学
    フェミニズムの政治学ケアの倫理をグローバル社会へ
    [著者] 岡野八代  
    近代国家は「自律した個」を理想像とし、子育てや介護などケアする者を政治的に二流の存在とみなしてきた。男を公的領域、女を私的領域に振り分けるその力学を、フェミニズムは公私二元論として ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/448頁
    • 定価 4,536円(本体4,200円)
    • ISBN 978-4-622-07639-1 C1010
    • 2012年1月16日発行
  • 女たちの絆
    女たちの絆
    [著者] ドゥルシラ・コーネル   [訳者] 岡野八代   [訳者] 牟田和恵  
    回復の見込みを絶たれ、尊厳死を選んだ母。逝く日、母は娘である著者に、その尊厳の証人となるべく本書を執筆するよう約束させた。女らしさの制限に縛られ、夢を見る空間―イマジナリーな領域― ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/376頁
    • 定価 3,780円(本体3,500円)
    • ISBN 4-622-07142-8 C1010
    • 2005年5月24日発行