「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



掛川トミ子

かけがわ・とみこ

1931年生まれ。関西大学名誉教授。ジャーナリズム、思想史。論文「天皇機関説事件」(松本三之介ほか編『近代日本政治史II』有斐閣1974、所収)「マス・メディアの統制と対米論調」(細谷千博ほか編『日米関係史』第4巻、東京大学出版会1972、所収)、「ジャーナリズムにおける批判精神」(飯田泰三ほか編『長谷川如是閑集』第6巻解説、岩波書店1990)、編著『思想統制』(『現代史資料』第42巻、みすず書房1976)、訳書ウォルター・リップマン『世論』(全2巻、岩波文庫1987)ほか。


 

掛川トミ子 の書籍一覧

  • 藤田省三対話集成 3
    藤田省三対話集成 3
    [著者] 藤田省三   [解説] 宮村治雄  
    「ぼくらはやっぱり国家と状況と両方をこえていくという視点が根本的に必要で、それは人間が問題なんだという、人間の核心や人間の経験、いろんな繊細な局面をもつ人間の経験の多面性の襞のなか ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/376頁
    • 定価 4,536円(本体4,200円)
    • ISBN 978-4-622-07207-2 C1331
    • 2007年5月18日発行
  • 思想統制【オンデマンド版】
    現代史資料 42
    思想統制【オンデマンド版】
    [編] 掛川トミ子  
     滝川事件、天皇機関説問題・河合事件・津田左右吉の出版法違反事件・尾崎行雄事件・ ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/1232頁
    • 定価 21,600円(本体20,000円)
    • ISBN 4-622-06142-2 C3321
    • 2004年12月31日発行