「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



川端清隆

かわばた・きよたか

1954年大阪生まれ。国連本部政務官(アフガニスタン担当)。米国コロンビア大学大学院政治学部卒業。82年より88年まで時事通信記者。88年より国連本部の政務官となり、安全保障理事会、PKOに関する特別委員会、安保理改組に関する特別作業部会など、一貫して安全保障問題を担当。94年に国連ルワンダ支援団(UNAMIR)の政治顧問を務めた後、95年より国連本部政治局でアフガン問題を担当。著書に『イラク危機はなぜ防げなかったのか』(岩波書店、2007)、共著に『PKO新時代――国連安保理からの証言』(岩波書店、1997)がある。


 

川端清隆 の書籍一覧

  • アフガニスタン
    アフガニスタン国連和平活動と地域紛争
    [著者] 川端清隆  
    「われわれの眼に映るアフガニスタンは、決して美しくない。侵略や内政干渉、果てることのない内戦、過激な宗教運動と国際テロの跳梁、おびただしい数の難民、女性差別など目に余る人権侵害―― ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/272頁
    • 定価 2,750円(本体2,500円)
    • ISBN 4-622-07015-4 C1031
    • 2002年11月25日発行