「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



佐谷和彦

さたに・かずひこ

1928年京都府舞鶴市生まれ。京都大学経済学部卒業。53年農林中央金庫に入行。73年、株式会社南画廊に入社。78年佐谷画廊を京橋に創設。82年銀座4丁目に移転。2000年3月、荻窪の自宅に移転、画廊経営を続ける。著書に『ピカソ以後』(73年)、『知命記』(78年)、『私の画廊――現代美術とともに』(82年)、『画廊のしごと』(88年 美術出版社)、『アート・マネージメント』(96年、平凡社)『原点への距離』(2002年、沖積舎)『佐谷画廊の30年』(2006年、みすず書房)。2008年歿。


 

佐谷和彦 の書籍一覧

  • 佐谷画廊の三〇年
    佐谷画廊の三〇年
    [著者] 佐谷和彦  
    佐谷画廊は、1978年、京橋に誕生。「マックス・エルンスト、イヴ・タンギー版画二人展」がその皮切りであった。業務の拡大にともなって銀座に移転、2000年には銀座のギャラリーを閉め、現在は荻 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/240頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 978-4-622-07250-8 C1070
    • 2007年2月5日発行