「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



篠田浩一郎

しのだ・こういちろう

1928年東京に生まれる。1954年東京大学文学部仏文科卒業。ロマン主義のなかから高踏派、写実派の〈芸術のための芸術〉の理論が発生する社会的背景を研究。同じ問題観から大学院で、ボードレールについて考察、「近代文学」、「新日本文学」等にエッセーを発表し始める。1957年以後東京外国語大学でフランス語、文学、社会思想を講じる。東京外国語大学名誉教授。その間フランス政府の招聘により1961年と1972年に留学。著書『フランス・ロマン主義と人間像』(未來社、1965)、『フランス―美と歴史を歩く』(美術出版社、1967)、『ゲーテの木―戦闘的ヒューマニズムの文学』(晶文社、1972)、『形象と文明』(白水社、1977)、『構造と言語』(現代評論社、1978)、『中世への旅』(朝日新聞社、同)、『批評の記号学』(未來社、1979)、『閉ざされた時空―ナチ強制収容所の文学』(白水社、1980)、『竹取と浮雲』(集英社、1981)、『空間のコスモロジー』(岩波書店、同)、『小説はいかに書かれたか』(同前、1982)、『都市の記号論』(青土社、同)、『再びセーヌは流れる―歴史のなかのフランス作家群像』(TBSブリタニカ、同)『物語と小説のことば』(国文社、1983)、『仮面・神話・物語』(朝日新聞社、同)、『幻想の類型学』(筑摩書房、1984)、『カオスからノカオスへ』(洋泉社、1986)、『新ふらんす記』(白水社、1986)、『ロラン・バルト―世界の解読―』(岩波書店、1989)、『修羅と鎮魂-日本文化試論』(小沢書店、1990)。訳書 ミシュレ『魔女』、ゾラ『テレーズ・ラカン』、ニザン『アデン・アラビア』、ガスカール『シメール』、ビュルニエ『実存主義と政治』等がある。


 

篠田浩一郎 の書籍一覧

  • 闇なる明治を求めて
    前田愛対話集成 I
    闇なる明治を求めて
    [著者] 前田愛   [解説] 金子明雄  
    『近代読者の成立』『幻景の明治』『都市空間のなかの文学』ほか、近世・近代文学を自在に往還しつつ、実証的かつスリリングなテクスト読解を提示、また内外の同時代理論をしなやかに吸収しなが ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/384頁
    • 定価 5,280円(本体4,800円)
    • ISBN 4-622-07182-7 C1095
    • 2005年12月19日発行
  • サド、フーリエ、ロヨラ【新装版】
    サド、フーリエ、ロヨラ【新装版】
    [著者] ロラン・バルト   [訳者] 篠田浩一郎  
    呪われた作家サド、稀有のユートピア思想家フーリエ、イエズス会の聖人ロヨラ、背徳と幻視と霊性を象徴する、この三人の“近代人”の共有するものは何か。著者バルトは、言語学、記号学の方法に ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/320頁
    • 定価 3,960円(本体3,600円)
    • ISBN 4-622-05129-X C1010
    • 2002年6月5日発行