「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジャン=クロード・シュミット

Jean-Claude Schmitt

フランスの歴史家。「アナール派」第4世代に属する中世史家。1946年コルマール生まれ。古文書学校を卒業後、リセ・シャルルマーニュ、高等実習研究院第六部門講師を経て、現在、社会科学高等研究院教授。主要著作は本書のほか『ある異端の死――14、15世紀上ライン地方のペギン会に対する教会と聖職者』(1978)『聖なるグレーハウンド――13世紀以来の子供治療犬ギヌフォール』(1979)『中世西欧における宗教、フォークロア、社会』(1988)『中世の身ぶり』(1990、みすず書房、1996)『ユダヤ人ヘルマンの改宗――自伝、歴史、フィクション』(2003)『中世の幽霊』(2010、みすず書房)など。ジャック・ル・ゴフ、ミシェル・パストゥロー、アラン・ブーロー等と共同研究も行なう。


 

ジャン=クロード・シュミット の書籍一覧