「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジョン・M・シング

John Millington Synge

1871-1909。ダブリン郊外のプロテスタントの家系に生まれる。同市のトリニティ・カレッジを卒業後、ドイツ、イタリア、フランスなどを転々としながら文学や音楽を学ぶ。その後、パリで出会ったW・B・イェイツのすすめでアラン諸島に赴き、『アラン島』(1907年)を著わしたほか、島での取材や体験をモチーフにつかった戯曲 『谷間の蔭』(1903年)、『海へ騎りゆく者たち』(1904年)、『聖者の泉』(1905年)『西の国の伊達男』(1907年)などを上演、アイルランドの文芸復興に大きく寄与した。死後上演された作品に、同じくアラン島で聞いた伝説に着想をえた『悲しみのデアドラ』(1910年)がある。


 

ジョン・M・シング の書籍一覧

  • アラン島【新装版】
    アラン島【新装版】
    [著者] ジョン・M・シング   [訳者] 栩木伸明  
    「僕はアランモアにいる。暖炉にくべた泥炭の火にあたりながら、僕の部屋の階下にあるちっぽけなパブからたちのぼってくるゲール語のざわめきに、耳を澄ませているところだ」 19世紀末、文学の ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/288頁
    • 定価 3,520円(本体3,200円)
    • ISBN 978-4-622-08839-4 C1098
    • 2019年7月9日発行