「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジャン・スタロバンスキー

Jean Starobinski

1920年ジュネーヴ生まれ。ジュネーヴ大学に学び、医学と文学の二つの分野で博士号を取得する。ジュネーヴ大学名誉教授。フランス学士院会員。ルソーを中心とする18世紀研究の分野で大きな仕事を残したが、それ以外にも、文学研究もしくは批評の方法論に関する仕事、医学と文学研究の接点をなすとも考えられるメランコリーを主題とする一連の著作など、活動は多岐にわたっている。同時代の文学についても、ピエール・ジャン・ジューヴ、モーリス・ブランショ、クロード・シモン、イヴ・ボヌフォワなどの作家を主題とする研究、批評、校訂などの貴重な仕事があり、造形美術の分野での造詣も深い。著書は『ルソー 透明と障害』(1982)とその姉妹篇『モンテーニュは動く』(1993)の他、『モンテスキュー』(1953)『生きた眼』(1961)『自由の創出』(1964)『道化のような芸術家の肖像』(1970)『ソシュールのアナグラム』(1971)『フランス革命と芸術――1789年 理性の標章』(1973)『病のうちなる治療薬』(1989)『絵画を見るディドロ』(1991)『作用と反作用』(1999)『オペラ、魅惑する女たち』(2005)。そのほとんどは邦訳されている。


 

ジャン・スタロバンスキー の書籍一覧

  • ルソー 透明と障害【新装版】
    ルソー 透明と障害【新装版】
    [著者] ジャン・スタロバンスキー   [訳者] 山路昭  
    冒険家、夢想家、作家、政治思想家、音楽家、被迫害者、ジャン=ジャックはそれらの全てであった。スタロバンスキーは、こうした多様な領域にわたるルソーの営為を、厳密なテクストの解読を通し ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/472頁
    • 定価 4,860円(本体4,500円)
    • ISBN 978-4-622-07928-6 C1010
    • 2015年7月24日発行
  • オペラ、魅惑する女たち
    オペラ、魅惑する女たち
    [著者] ジャン・スタロバンスキー   [訳者] 千葉文夫  
    本書は、ようやく書物のかたちをとったスタロバンスキーにとって初めての音楽論でありオペラ論である。ただし、これまでの著者の仕事の成果がおのずから結実して、水が自然に器にあふれるように ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/304頁
    • 定価 4,104円(本体3,800円)
    • ISBN 4-622-07253-X C1010
    • 2006年10月23日発行