「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



伊達徹

だて・とおる

1946年生まれ。1971年名古屋市立大学医学部卒業。愛知県立多治見病院精神科を経て、1974年より愛知医科大学精神科学教室に勤務。1982年同大学講師、ドイツ、ケルン大学留学。1991年歿。著書『てんかんの精神病理と精神療法』(共著、金剛出版、1982)『てんかんの治療と生活指導』(共著、金剛出版、1986)。訳書 クレペリン『精神医学臨床講義』(共訳、医学書院、1979)ブッシャール他『小児の真性てんかんJ(共訳、金剛出版、1981)。


 

伊達徹 の書籍一覧

  • 老年性精神疾患
    精神医学 5
    老年性精神疾患
    [著者] エーミール・クレペリン   [訳者] 伊達徹  
    「この巻は進行麻痺と、老年性精神病である。今日前者はいわゆる先進国では殆ど見られなくなったが、原因、症状、経過、転帰、診断、治療まで、これほど判明した精神病は他にないので、精神病の ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/294頁
    • 定価 6,600円(本体6,000円)
    • ISBN 4-622-02168-4 C3047
    • 1992年11月12日発行