「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



新田功

にった・いさお

明治大学政治経済学部教授。1952年生まれ。専門は統計学、経済統計学。著書に『同時に学ぶExcelと入門統計学』(ムイスリ出版、2003)、『経済・経営時系列分析』(共著、白桃書房、2001)などがある。訳書に、デイリー、H. E. 『持続可能な発展の経済学』(共訳、みすず書房、2005)、デ・ジャルダン、J. R. 『環境倫理学』(共訳、人間の科学社、2005)、ド・スタイガー、J. E. 『環境保護主義の時代』(共訳、多賀出版、2001)、ヴァーガ、T. 『複雑系と相場』(共訳、白桃書房、1999)、ピーターズ、E. E. 『カオスと資本市場』(白桃書房、1994)がある。現在は、生活の質の数量化に関する研究に取り組んでいる。環境研究はその一環。専門社会調査士。


 

新田功 の書籍一覧