「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



デイヴィッド・ヒーリー

David Healy

医学博士、精神科認定医。精神医学・精神薬理学史家。カーディフ大学、北ウェールズ心理学的医学部門、教授。英国精神薬理学会(British Association for Psychopharmacology)の元事務局長。これまでに、The Creation of Psychopharmacology (Harvard University Press 2002)、The Antidepressant Era(Harvard University Press, 1999)〔邦訳『抗うつ薬の時代──うつ病治療薬の光と影』(星和書店、2004)〕、Let Them Eat Prozac: The Unhealthy Relationship between the Pharmaceutical Industry and Depression (James Lorimer & Company Ltd, 2003; New York University Press, 2004)〔邦訳『抗うつ薬の功罪──SSRI論争と訴訟』(みすず書房、2005)〕、Psychiatric Drugs Explained. 5th edition (Churchill Livingstone, 2008)〔邦訳『ヒーリー精神科治療薬ガイド』(みすず書房、2009)〕、Mania: A Short History of Bipolar Disorder (The Johns Hopkins University Press, 2008〔邦訳『双極性障害の時代──マニーからバイポーラーへ』(みすず書房、2012)〕)、Pharmageddon (University of California Press, 2012〔邦訳『ファルマゲドン――背信の医薬』(みすず書房、2015)〕ほか多数の著書がある。公式ウェブサイト(http://davidhealy.org)に自身の活動に関する多くの情報をアーカイヴしている。2012年には、薬のリスクに関する情報を草の根的に募り、集積・公開するプロジェクトRxISK.org(https://www.rxisk.org)を立ち上げた。


 

デイヴィッド・ヒーリー の書籍一覧