「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



レイモン・ペイネ

Raymond Peynet

1908年パリ生まれの漫画家。技術学校エコール・デザール・アプリケを卒業後、漫画の道にはいる。第二次大戦中はレジスタンスの一員だっただけに「恋愛賛成、戦争反対」がモットー。ときおり鋭い諷刺を見せるが、多くはメルヘン風のタッチで恋人たちの愛の姿を描きつづけ、世界中で親しまれている。南仏にあるペイネ美術館によると、訪問者の九割は日本人だという。漫画のほか、挿絵、舞台装置、アニメーション、衣装デザインなど幅広く活動した。1953年国際ユーモア賞受賞。1989年「海と島の博覧会ひろしま」のために「愛と平和のモニュメント」を制作した。1999年歿。


 

レイモン・ペイネ の書籍一覧

  • ペイネ 愛の本
    ペイネ 愛の本
    [著者] レイモン・ペイネ   [解説] 串田孫一  
    「あなたへの贈りものを、私はときどき考えます。何をさしあげたらば悦んで頂けるだろうか。……私は見つけました。それがこのレイモン・ペイネの絵本です。絵本と言ってはまずいかも知れません ...
    • A5変型判 タテ197mm×ヨコ148mm/280頁
    • 定価 2,160円(本体2,000円)
    • ISBN 4-622-01109-3 C0071
    • 1974年6月15日発行