「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



松村剛

まつむら・たけし

1960年東京都生まれ。東京大学教養学部教養学科を卒業後、同大学院博士課程中退。現在、東京大学総合文化研究科准教授。専攻、中世フランス文献学。訳書 ジョルジュ・デュビー『ブーヴィーヌの戦い――中世フランスの事件と伝説』(平凡社)、ミシェル・パストゥロー『悪魔の布――縞模様の歴史』(共訳、白水社)、クシシトフ・ポミアン『ヨーロッパとは何か――分裂と統合の1500年』(平凡社)ほか。論文《Sur le vocabulaire d’Ami et Amile en alexandrins》(Revue de Linguistique Romane),《Notes lexicographiques sur le Traite attribue a Robert de Balsac》(Travaux de Linguistique et de Philologie)ほか。


 

松村剛 の書籍一覧

  • 中世の身ぶり
    中世の身ぶり
    [著者] ジャン=クロード・シュミット   [訳者] 松村剛  
    『ロランの歌』の中でカール大帝は髭をひねって泣いている。『バイユーの綴織』に描かれたハロルドは、ノルマンディ公ウィリアムの前で聖遺物箱の上に手を置いて宣誓をする。あるいは司祭が聖体 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/396頁
    • 定価 7,150円(本体6,500円)
    • ISBN 4-622-03496-4 C1022
    • 1996年3月13日発行