「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



宮地尚子

みやじ・なおこ

一橋大学大学院社会学研究科地球社会研究専攻・教授。精神科医師。医学博士。1986年京都府立医科大学卒業。1993年同大学院修了。1989年から1992年、ハーバード大学医学部社会医学教室および法学部人権講座に客員研究員として留学。1993年より近畿大学医学部衛生学教室勤務を経て、2001年より現職。専門は文化精神医学、医療人類学、ジェンダーとセクシュアリティ。著書に『異文化を生きる』(星和書店、2002)『トラウマの医療人類学』(2005)『環状島=トラウマの地政学』(2007、ともにみすず書房)『傷を愛せるか』(大月書店、2010)『震災トラウマと復興ストレス』(岩波ブックレット、2011)、編著に『トラウマとジェンダー――臨床からの声』(金剛出版、2004)『性的支配と歴史――植民地主義から民族浄化まで』(大月書店、2008)『医療現場におけるDV被害者への対応ハンドブック』(明石書店、2008)『トラウマ』(岩波新書、2013)、共著に『文化精神医学序説』 (金剛出版、2001)など。訳書にはコーエン『多重人格者の心の内側の世界』(監訳、2003)、ガートナー『少年への性的虐待――男性被害者の心的外傷と精神分析治療』(共訳、2005、ともに作品社)、バイヤリー『子どもが性被害をうけたとき――お母さんと、支援者のための本』(監訳、明石書店、2010)他がある。


 

宮地尚子 の書籍一覧

  • 環状島=トラウマの地政学【新装版】
    環状島=トラウマの地政学【新装版】
    [著者] 宮地尚子  
    戦争から児童虐待にいたるまで、トラウマをもたらす出来事はたえまなく起きている。「言葉では表現しようのない」この出来事は、それでも言語化されていった。しかし、言葉にならないはずのトラ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/238頁
    • 定価 3,456円(本体3,200円)
    • ISBN 978-4-622-08738-0 C3047
    • 2018年7月5日発行
  • トラウマの医療人類学
    トラウマの医療人類学
    [著者] 宮地尚子  
    トラウマという言葉が飛び交うようになって久しい。冷戦終結後には世界各地で内戦が起こり、「民族浄化」という名の虐殺がつづいた。9・11以降、世界の暴力化は加速していき、イラク戦争下の200 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/384頁
    • 定価 3,780円(本体3,500円)
    • ISBN 4-622-07150-9 C3047
    • 2005年7月20日発行