「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



カール・ローゼンクランツ

Karl Rosenkranz

1805年ドイツのマグデブルクに生れる。ベルリン大学、ハレ大学に学び、1828年教授資格を取得し、1831年ハレ大学の助教授、1833年ケーニヒスペルク大学の教授となり、1879年歿。きわめて広範な著作活動の中で主要なものは『神学的諸学問のエンチクロペディー』『ヘーゲルの体系に関する批判的解明』『カント哲学の歴史』『へーゲル伝』『醜の美判『ドイツ国民哲学者としてのヘーゲル』など(詳しくは「訳者あとがき」を参照)。


 

カール・ローゼンクランツ の書籍一覧

  • ヘーゲル伝
    ヘーゲル伝
    [著者] カール・ローゼンクランツ   [訳者] 中埜肇  
    本書はもと1844年にベルリン版ヘーゲル全集の補巻として出版された。著者の人間および著作年代がヘーゲル自身に近いという意味でも、その手堅い叙述と学問的に高い内容によって多くの研究者から ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/376頁
    • 定価 6,050円(本体5,500円)
    • ISBN 4-622-01894-2 C1023
    • 1983年7月8日発行