「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



鷲田清一

わしだ・きよかず

1949年京都市に生まれる。京都大学文学部卒業、同大学院文学研究科博士課程修了。関西大学文学部教授、大阪大学総長などを歴任。大阪大学名誉教授。大谷大学客員教授、京都市立芸術大学理事長・学長、せんだいメディアテーク館長。専攻は臨床哲学・倫理学。著書『分散する理性――現象学の視線』(勁草書房、1989、増補改題『現象学の視線』講談社学術文庫、1997)、『モードの迷宮』(中央公論社、1989/ちくま学芸文庫、1996。以上の2著にて1989年サントリー学芸賞受賞)、『夢のもつれ』(北宋社、1993)、『人称と行為』(昭和堂、1995)、『見られることの権利――〈顔〉論』(メタローグ、1995/改題『顔の現象学』講談社学術文庫、1998)、『メルロ=ポンティ 可逆性』(講談社、「現代思想の冒険者たち」第18巻、1997)、『「聴く」ことの力――臨床哲学試論』(TBSブリタニカ、1999、第3回桑原武夫賞受賞)、『皮膚へ――傷つきやすさについて』(思潮社、1999)、『ことばの顔』(中央公論新社、2000)、『〈弱さ〉のちから』(講談社、2001)、『「哲学」と「てつがく」のあいだ』(みすず書房、2001)ほか多数。


 

鷲田清一 の書籍一覧

  • 「哲学」と「てつがく」のあいだ
    「哲学」と「てつがく」のあいだ書論集
    [著者] 鷲田清一  
    「作者、読者、あるいは主題……。そのどの地点へも言葉を収斂させないこと、どの地点でも言葉を停滞させないこと。作者への密かな手紙、批評あるいは感想、評価あるいは紹介などという湿地帯か ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/288頁
    • 定価 2,916円(本体2,700円)
    • ISBN 4-622-04812-4 C1095
    • 2001年10月25日発行