「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



根深誠

ねぶか・まこと

1947年、青森県弘前市生まれ。行動する文筆家。ヒマラヤ、白神山地、渓流釣りなどをテーマに著作多数。明治大学山岳部OB。1973年以来、ヒマラヤの旅と登山を続ける。ヒマラヤの未踏峰6座に初登頂。国内では、白神山地の青秋林道計画に反対運動を起こし、世界遺産登録へと導いた立役者。1995年、日本人僧侶河口慧海の足跡を追った『遥かなるチベット』(山と溪谷社)で、第4回JTB紀行文学大賞受賞。おもな著書:『風の冥想ヒマラヤ』『ヒマラヤを釣る』『白神山地をゆく』『東北の山旅 釣り紀行』(いずれも中公文庫)、『チベットから来た男』(岩波書店)、『山の人生 マタギの村から』(NHKブックス)、『白神の四季』(白水社)、『白神自然観察ガイド』(山と溪谷社)、『みちのく源流行』(つり人社)、『風雪の山ノート』(七つ森書館)。


 

根深誠 の書籍一覧

  • ヒマラヤにかける橋
    ヒマラヤにかける橋
    [著者] 根深誠  
    ネパール西北部、チベットとの国境にほど近い標高4300mのツァルカ村。近傍の街から最短でも5日のキャラバンを要する、「桃源郷」と呼ばれた半農半牧の村だ。著者はここに、政府やNGOの組織に頼 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/280頁
    • 定価 2,750円(本体2,500円)
    • ISBN 978-4-622-07284-3 C0095
    • 2007年4月2日発行
  • 森と水の恵み
    達人の山旅 2
    森と水の恵み
    [編著] 高桑信一  
    すべての山好き、本好きに贈る、書き下ろしエッセイ・アンソロジー《達人の山旅》第二弾。 四季折々の恵みをたずさえて、この国の山と渓谷は、深くやさしく漂泊者たちの五感を包みこむ。渓流釣 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/264頁
    • 定価 2,200円(本体2,000円)
    • ISBN 4-622-07153-3 C0095
    • 2005年8月16日発行