「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



スピノザ

Spinoza

1632年11月24日オランダ、アムステルダムのユダヤ人居住区で商人の家に生まれる。両親の家系はイベリア半島でキリスト教へ改宗したユダヤ人(マラーノと呼ばれる)で、オランダに移住し、ユダヤ教の信仰生活を回復していた。ヘブライ語名バルッフ(Baruch)、ポルトガル語名ベント(Bento)、のちにラテン語名ベネディクトゥス(Benedictus)を用いた。ユダヤ教会内で早くから俊才として注目されたとも伝えられるが、1656年7月27日、23歳のときに破門を受ける。友人・弟子のサークルとつながりを保ちながら、ライデン近郊ラインスブルフ、ハーグ近郊フォールブルフを経て、ハーグに移る。1677年2月21日ハーグで歿す。同年、「エチカ」を含む『遺稿集』が刊行される。他の著作は「デカルトの哲学原理」、「神学・政治論」、「知性改善論」(未完)、「政治論」(未完)、「神、人間とそのさいわいについての短論文」、往復書簡集ほか。


 

スピノザ の書籍一覧

  • スピノザ エチカ抄【新装版】
    スピノザ エチカ抄【新装版】
    [著者] スピノザ   [編訳] 佐藤一郎  
    スピノザは無神論者として、死後もしばらくはその名を口にするのが憚られ、著作も表立っては流布されることが難しかった。だが時を経て、レッシング、ゲーテなどのドイツの文学者が先駆けになっ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/320頁
    • 定価 3,672円(本体3,400円)
    • ISBN 978-4-622-08710-6 C1010
    • 2018年5月17日発行
  • 知性改善論/神、人間とそのさいわいについての短論文
    知性改善論/神、人間とそのさいわいについての短論文
    [著者] スピノザ   [訳者] 佐藤一郎  
    「共同の暮しの中でよく出遭うものがみなむなしく、くだらないということを経験から教わったのち、失われるのではないかと心配していたもの、招くことを恐れていたものがどれも、それによって気 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/584頁
    • 定価 8,424円(本体7,800円)
    • ISBN 978-4-622-08348-1 C1010
    • 2018年2月10日発行