「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



コリン・マッケイブ

Colin MacCabe

イギリスの英文学者・映画研究者・映画製作者。ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで英文学などを学び、1976年に『ジェイムズ・ジョイスと言語革命』によってケンブリッジ大学で博士号を取得。スコットランドのストラスクライド大学を経て、1985年度からアメリカのピッツバーグ大学で、1998年からはそれに加えてイギリスのエクスター大学で英文学と映画を講じ、現在は、ピッツバーグ大学特別教授およびロンドン大学バークベック・カレッジ教授である。1985年から89年まで、英国映画協会(BFI)の製作部長を、1989年から98年まで同協会の研究部長を務め、デレク・ジャーマン『カラヴァッジオ』(1986)、テレンス・デイヴィス『遠い声、静かな暮らし』(1988)などの映画作品の製作総指揮を担当したほか、映画百年を記念するTVドキュメンタリー・シリーズを手掛けた。主な著作に、『ジェイムズ・ジョイスと言語革命』(加藤幹郎訳、筑摩書房)、『ゴダール――映像、音声、政治』(ローラ・マルヴィ、ミック・イートンとの共著、1980)、『卑俗なるものの雄弁術』(1996)などがある。


 

コリン・マッケイブ の書籍一覧

  • ゴダール伝
    ゴダール伝
    [著者] コリン・マッケイブ   [訳者] 堀潤之  
    「その参照項の範囲の広さ――映画の歴史、芸術の歴史、マルクス主義の歴史――において、ゴダールの仕事はその人生と同じくらい私たちをひるませる。この本質的にほのめかしの多い、並はずれて ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/472頁
    • 定価 6,048円(本体5,600円)
    • ISBN 978-4-622-07259-1 C1074
    • 2007年6月8日発行