「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ニコラ・ブーヴィエ

Nicolas Bouvier

(1929-1998)スイスの作家、旅行家、図像調査士。1953年から大旅行。ユーゴスラヴィア、トルコ、イラン、パキスタン、セイロンを経て、1955年、日本に到着、日本各地で一年を過ごす間に写真家となる。その後世界中を旅行する。著書は、『日本滞在記』(全訳は『日本の原像を求めて』1994、草思社)『世界の使い方』『かさご』『アランおよびその他の場所の日記』をはじめ、『スイスの民衆芸術』(1991)、ロングインタビュー『旅と壊走』(1992)、ドキュメンタリー・フィルム付録の『ふくろうとくじら』など。ロラン・バルト『記号の国』にも写真を提供している。歿後も評価は高まる一方で、2004年にはガリマール社から作品集が刊行された。


 

ニコラ・ブーヴィエ の書籍一覧

  • ブーヴィエの世界
    ブーヴィエの世界
    [著者] ニコラ・ブーヴィエ   [訳者] 高橋啓  
    「旅の終わりは/すかんぴん/まったくのすかんぴんがいい」 1953年、20歳を過ぎたばかりのニコラ・ブーヴィエは、ちっぽけなフィアットで旅に出た。ベオグラードで画家ティエリーと落ち合い、 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/336頁
    • 定価 4,104円(本体3,800円)
    • ISBN 978-4-622-07298-0 C0097
    • 2007年6月1日発行