「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジャン=マリー・ブノワ

Jean-Marie Benoist

1942年に生まれる。エコル・ノルマル・シュベリュール卒業。ロンドンのリセ・フランセの哲学教授からフランス大使館の文化担当官を経て、1974年以来コレージュ・ド・フランスの講師を務めている。1970年刊行の『マルクスは死んだ』で一躍名を馳せ、ヌーボー・フィロゾフ(新しい哲学者たち)のひとりとして次々と著作を刊行している(「訳者あとがき」参照)。また種々の新聞雑誌に寄稿するジャーナリスト、叢書「クロワゼ」(PUF社)の編集者でもある。1978年と1981年には、共産党に反対する立場から選挙に出馬するなど、新しいタイプの哲学者・ジャーナリスト・政治家といえるだろう。


 

ジャン=マリー・ブノワ の書籍一覧