「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



アンリ・フォシヨン

Henri Focillon

1881年、ブルゴーニュ地方のディジョンに生れる。エコール・ノルマルで古典古代文学を学ぶ。1913年、リヨン大学近代美術史講座を担当、同時にリヨン市立美術館館長に就任。1925年、エミール・マールの後任として、パリ大学の古美術学及び中世芸術史講座主任教授となる。1933年、イエール大学に招聘。1938-39年、コレージュド・フランスで講義。第2次世界大戦の勃発とともにアメリカに移住。1939年よりイエール大学で美術と古美術学講座を担当。戦中は自由フランスのスポークスマンとして活躍したが、フランス解放を待たず、1943年、ニュー・ヘイヴンで歿。邦訳されている著作としては、『至福千年』(1952、みすず書房、1971)『ロマネスク彫刻』(1931、中央公論社、1975)『形の生命』(1934、岩波書店、1969)『西欧の芸術』(1938、鹿島出版会、1970-72)がある。


 

アンリ・フォシヨン の書籍一覧

  • 至福千年
    至福千年西欧のあけぼの
    [著者] アンリ・フォシヨン   [訳者] 神沢栄三  
    「至福千年」は、キリストが再臨して千年間の支配を執行し、そののち最後の審判をくだすという一種の終末説をその背景にもっている。そして本書があつかう西暦千年を中心とした時代こそまさに、 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/168頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-01512-9 C3070
    • 1971年6月5日発行