「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



G・リヒトハイム

George Lichtheim

1912年ベルリンに生れる。ベルリン大学、ハイデルベルク大学に学び、1933年ナチス・ドイツを去ってパレスチナに移住。1945年イギリスに亡命しロンドンに居を構え、帰化する。当初、G・L・アーノルドという筆名で諸雑誌、新聞に寄稿していたが、著作を世に問うことになってからは本名を使う。広く世に知られるようになったのは『マルクス主義』(1961、邦訳、みすず書房、1974)によってである。その後しばしば、スタンフォード大学、コロンビア大学などアメリカの諸大学に招かれて講義を行なう。主要な著作としては、論集『イデオロギーの概念』(1967)『社会主義の源泉』(1970)『社会主義小史』(1970、邦訳、みすず書房、1979)『ルカーチ』(1970、邦訳、新潮社、1973)『帝国主義』(1971)『マルクスからヘーゲルへ』(1971、邦訳、未來社、1976)ほかがある。1973年4月歿。


 

G・リヒトハイム の書籍一覧

  • 社会主義小史
    社会主義小史
    [著者] G・リヒトハイム   [訳者] 庄司興吉  
    社会主義とは何であったか。また何であろうとするか。今ほど、この問いが、切実な響きをもって発せられるときは、かつてなかった。 〈小史という標題のもとに、私は社会主義の歴史に関する厖大 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/0頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-00578-6 C1031
    • 1979年6月5日発行
  • ヨーロッパ文明 1
    ヨーロッパ文明 1
    [著者] G・リヒトハイム   [訳者] 塚本明子  
    著者リヒトハイムはナチス・ドイツに追われて亡命したユダヤ人であり、その著作『マルクス主義』『社会主義の源泉』『社会主義小史』などによって「もっともすぐれた思想史家の一人」「社会主義 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/268頁
    • 定価 3,132円(本体2,900円)
    • ISBN 4-622-02039-4 C1022
    • 1979年5月14日発行