「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



西尾成子

にしお・しげこ

1935年、東京に生まれる。1958年、お茶の水女子大学理学部物理学科卒業。日本科学技術情報センター勤務を経て、1963‐2005年、日本大学理工学部勤務。日本大学名誉教授(理学博士)。主な著訳書『現代物理学の父 二ールス・ボーア』(中央公論社)、『こうして始まった20世紀の物理学』(裳華房)、『プランク熱輻射論』(東海大学出版会)、『科学ジャーナリズムの先駆者 評伝 石原純』(岩波書店)、A. パイス『ニールス・ボーアの時代』全2巻(共訳、みすず書房、2007/2012)。


 

西尾成子 の書籍一覧