「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



富田玲子

とみた・れいこ

1938年、東京都に生まれる。1961年、東京大学工学部建築学科卒業、同大学院丹下健三研究室にて修士課程修了。1963-71年、吉阪隆正が主宰するU研究室に所属。1971年、樋口裕康、大竹康市らと象設計集団を設立。主な作品に、ドーモ・セラカント(1974)、ドーモ・アラベスカ(1974)、ドーモ・キニャーナ(1992)などの住宅、名護市庁舎(1981)、今帰仁村中央公民館(1975)、進修館(1980)、笠原小学校(1982)、矢野南小学校(1998)、由布院美術館(1991)、石川県九谷焼美術館(2001)、津山洋学資料館(2009)などの公共建築、用賀プロムナード(1986)、台湾冬山河親水公園(1994)などのランドスケープデザインなどがある。著書に、『小さな建築』(みすず書房、2007、増補新版2016)、象設計集団『空間に恋して――象設計集団のいろはカルタ』(共著、工作舎、2004)。訳書に、ケヴィン・リンチ『都市のイメージ』(丹下健三との共訳、岩波書店、1968、新装版2007)がある。


 

富田玲子 の書籍一覧

  • 小さな建築【増補新版】
    小さな建築【増補新版】
    [著者] 富田玲子  
    学校も、住宅も、オフィスビルも、四角い箱でなくてもいい。子どもたちにはやわらかい部屋を、おばあちゃんには土壁の住まいを。人々の暮らしに応じてつくられた空間はおのずと有機的な形をもち ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/328頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 978-4-622-08000-8 C0052
    • 2016年8月25日発行