「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ニック・レーン

Nick Lane

ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)遺伝・進化・環境部門、UCL Origins of Lifeプログラムリーダー。2015年、Biochemical Society Award(英国生化学会賞)を受賞。著書に、The Vital Question: Why Is Life the Way It Is?, Profile Books, 2015 (斉藤隆央訳『生命、エネルギー、進化』みすず書房、2016)、Life Ascending: The Ten Great Inventions of Evolution, Profile Books/W. W. Norton, 2009 (斉藤隆央訳『生命の跳躍』みすず書房、2010)、Power, Sex, Suicide: Mitochondria and the Meaning of Life, Oxford University Press, 2005 (斉藤隆央訳『ミトコンドリアが進化を決めた』みすず書房、2007)、Oxygen: The Molecule that made the World, Oxford University Press, 2002 (西田睦監訳、遠藤圭子訳『生と死の自然史――進化を統べる酸素』東海大学出版会、2006)、共著書にLife in the Frozen State, CRC Press, 2004がある。科学書作家としても高い評価を得ており、Life Ascendingは王立協会による2010年の科学書賞を受賞。


 

ニック・レーン の書籍一覧