「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



湯浅年子

ゆあさとしこ

1909年東京に生れる。1931年東京女子高等師範学校(現お茶の水女子大学)理科、1934年東京文理科大学物理学科卒業。1940年フランスに留学、コレジ・フランス原子核化学研究所にてジョリオ・キューリーの指導を受ける。1945年終戦直前に帰国し、母校女高師(のちにお茶の水女子大学)の教授となる。1949年再び渡仏し、コレジ・ド・フランス原子核物理・化学研究所のジョリオ教授のもとで共同研究に従事する。日本およびフランスで理学博士。1973-74年パリ大学原子核研究所主任研究員。1974年CNRS(フランス国立中央科学研究所)名誉研究員。1980年2月パリにて死去。著書『続・パリ随想』、『パリ随想3』、(みすず書房、1977、1981)ほか。訳書『ジョリオ・キューリー遺稿集』(法政大学出版局、1961)ピカール『F.ジョリオ・キューリー』(河出書房新社、1970)ほか。


 

湯浅年子 の書籍一覧

  • パリ随想【オンデマンド版】
    パリ随想【オンデマンド版】ら・みぜーる・ど・りゅっくす
    [著者] 湯浅年子  
    本書は、若くして単身パリに留学し、その後オルセー原子核物理研究所の主任研究員として活躍した湯浅年子の、貴重な経験に裏打ちされた〈思い出と意見〉からなりたっている。 第二次世界大戦に ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/332頁
    • 定価 4,730円(本体4,300円)
    • ISBN 978-4-622-06202-8 C0040
    • 2007年12月10日発行
  • 続・パリ随想【オンデマンド版】
    続・パリ随想【オンデマンド版】る・れいよん・う゛ぇーる
    [著者] 湯浅年子  
    30年以上にわたるフランスでの、ひたむきな研究の重みが美しく結晶し、詩情をたたえた文章が静かな感銘を呼んだ『パリ随想』につづいて、『続・パリ随想』をここにおくる。 “異国に病む”とい ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/248頁
    • 定価 4,180円(本体3,800円)
    • ISBN 978-4-622-06203-5 C0040
    • 2007年12月10日発行
  • パリ随想 3【オンデマンド版】
    パリ随想 3【オンデマンド版】むすか・のわーる
    [著者] 湯浅年子  
    本書は、パリでの久しい学究生活に培われた批判精神と、めぐまれた繊細な感受性とが一つの流麗な文章の中にとけあって静かな感銘を呼んだ『パリ随想』、『続・パリ随想』に続く第三エッセイ集で ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/270頁
    • 定価 4,290円(本体3,900円)
    • ISBN 978-4-622-06204-2 C0040
    • 2007年12月10日発行
  • 湯浅年子 パリに生きて【オンデマンド版】
    湯浅年子 パリに生きて【オンデマンド版】
    [著者] 湯浅年子   [編] 山崎美和恵  
    日本で最初の国際的な女性核物理学者、湯浅年子は、第二次大戦勃発直後のフランスに渡った。憧れのキュリー研究所に入所、ナチ占領下での苦難の研究生活が始まる。しかし戦火は激しくなり、その ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/426頁
    • 定価 5,280円(本体4,800円)
    • ISBN 978-4-622-06205-9 C0040
    • 2007年12月10日発行