「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



明田川融

あけたがわ・とおる

1963年生まれ。法政大学で博士号取得。政治学。現在 法政大学教授。著書『日米行政協定の政治史――日米地位協定研究序説』(法政大学出版局、1999)『各国間地位協定の適用に関する比較論考察』(内外出版、2003、共著)、『沖縄基地問題の歴史――非武の島、戦の島』(みすず書房、2008)、『日米地位協定――その歴史と現在(いま)』(みすず書房、2017)。訳書 ジョン・ハーシー『ヒロシマ 増補版』(法政大学出版局、2003、共訳)、ジョン・W・ダワー『昭和――戦争と平和の日本』(みすず書房、2010、監訳)。


 

明田川融 の書籍一覧

  • 日米地位協定
    日米地位協定その歴史と現在(いま)
    [著者] 明田川融  
    〈普天間基地移設の強行、いぜん気前のよい思いやり予算、問題山積にもかかわらず未改定の地位協定と、いったい日本は米国に対してどこまで“協力”すればよいのか〉 沖縄・普天間基地の辺野古 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/360頁
    • 定価 3,888円(本体3,600円)
    • ISBN 978-4-622-08647-5 C0031
    • 2017年12月15日発行
  • 昭和
    昭和戦争と平和の日本
    [著者] ジョン・W・ダワー   [監訳] 明田川融  
    「一億一心」「一億火玉」、最後は「一億玉砕」――第二次大戦中の日本は、この種の政治的スローガンに覆いつくされていた。しかし社会の内実は、無秩序、緊張、混乱にみちていたのだ。『昭和』 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/344頁
    • 定価 4,104円(本体3,800円)
    • ISBN 978-4-622-07517-2 C1021
    • 2010年2月24日発行
  • 沖縄基地問題の歴史
    沖縄基地問題の歴史非武の島、戦の島
    [著者] 明田川融  
    1972年5月15日、自らは出席しなかった沖縄返還協定調印式の日の日記に、屋良朝苗知事は、こう記した。「またまた茨の道、斜の山はつづく」。 島の二割近くを占める基地群、軍用機の騒音や墜落事 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/400頁
    • 定価 4,320円(本体4,000円)
    • ISBN 978-4-622-07374-1 C0031
    • 2008年4月18日発行